ニュース
» 2017年03月15日 16時55分 公開

文鳥のダンスはラブラブのサイン!? オス・メス一緒に踊るとカップル成立確率が高くなることが判明

「ヘイ彼女、一緒に踊らない!?」を体現していた。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「文鳥の雌雄はダンス・デュエットを行う(一緒にダンス踊る)ことで互いに配偶者を選択し、交尾が成功する確率が高くなる」という研究結果を、北海道大学の研究チームが発表しました

北海道大学 文鳥の求愛行動 北海道大学「文鳥のダンス・デュエットは相思相愛の兆し」

 文鳥はスズメ目カエデチョウ科の歌鳥。求愛の歌を歌うのはオスのみですが、ダンスはオス・メス両方とも踊ります。今回の研究では、初対面の文鳥のオス・メスの行動を、歌・ダンス・交尾に焦点を当てて解析し、次の3点が確認できました。

  1. 雌雄間でダンス・デュエットが交わされると、一方しかダンスをしない時と比較して直後の交尾成功率が高くなる
  2. メスはオスの求愛歌を聴かなくても、ダンス・デュエットすることで高い確率で交尾受け入れ姿勢をとる
  3. ダンスはオス・メスどちらから開始しても、その後のデュエットに至るかどうかや交尾成功には影響しない

 この結果、求愛ダンスが雌雄双方向的なコミュニケーションとして機能していることと、文鳥の求愛には歌よりもダンスが大きな役割を果たしていることが分かりました。

北海道大学 文鳥の求愛行動 ダンス・デュエット有りの場合
北海道大学 文鳥の求愛行動 ダンス・デュエット無しの場合

 今後は初対面から“つがい”の形成と持続まで時間を追って同調性の変化を解析することで、求愛ダンスの雌雄間コミュニケーションにおける役割を明らかにしていくとのことです。

北海道大学 文鳥の求愛行動 「かわいい」と思っていた行動にそんな意味があったとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. /nl/articles/2105/09/news031.jpg 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?