ニュース
» 2017年03月17日 12時00分 公開

新3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」始動 誰も知らない新たな結末へ

第1作は2017年に全国ロードショー。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 2000年代を代表するロボットアニメ、「交響詩篇エウレカセブン」が劇場3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」として再起動。第1作が2017年に全国ロードショー。第2作は2018年、第3作は2019年に公開予定。ティーザービジュアルと共に、YouTubeでは特報映像第1弾が公開されています。

新3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」始動 誰も知らない新たな結末へ 特報映像が公開

 同作は主人公の少年・レントンがヒロイン・エウレカと出会い、旅を通して成長していくボーイ・ミーツ・ガール。日曜朝の放送にもかかわらず濃密な心理描写がされたことや、ロボットがサーフィンのような動きで戦う空中戦などが話題を呼びました。2012年には続編「エウレカセブンAO」も公開。Blu-ray&DVDはシリーズ累計85万本を出荷するヒットシリーズとなっています。

新3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」始動 誰も知らない新たな結末へ ティーザービジュアルも公開された。左からエウレカ、アネモネ、レントンの姿が確認できる

 2009年にはテレビシリーズのパラレルワールドを舞台とした劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」も公開されていますが、今回発表された「ハイエボリューション」シリーズはあくまでテレビ版1作目を起点としたお話になるもよう。スタッフには京田知己総監督、キャラクターデザインの吉田健一さん、シリーズ1作目以来の参加となる脚本家の佐藤大さんなどが集結。すべてのせりふを再構成し、新作映像と再撮影された新たな映像で描かれます。

新3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」始動 誰も知らない新たな結末へ スタッフ一覧

 発表された情報によると、配給はショウゲート、制作はテレビ版に引き続きボンズが手掛けます。ストーリーは「誰も知らない新たな結末」に向かって進むことが予告されており、どのように再構築されるのか楽しみなところ。レントンとエウレカの新たな物語に期待です。

スタッフからのコメント

総監督:京田知己

 作りながら「この作品は本当に愛されてるのだな」と思うことが何度もありました。それに応えるべく、出来る限りの嘘を排除して、再びみなさんに愛していただけるようなものをお届けできたら……と思います。


脚本:佐藤大

 僕らにとって「エウレカセブン」は懐かしめる作品ではありません。だからこそ、かつての「エウレカセブン」に影響を受けたという人たちを裏切らない、そして今のお客さんにとっても新鮮な新しい「エウレカセブン」を作りたいと思っています。


キャラクターデザイン:吉田健一

 TV「交響詩篇エウレカセブン」の時は、世の中に挑戦するつもりでデザインをしていました。アニメキャラクターの絵柄の幅を広げたいという企みがあったのです。今回、10年を経て「エウレカセブン」で作り上げた絵柄を世の中に再び送り出すことは意味のあることだろうと考えています。


(C)BONES/Project EUREKA MOVIE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙