微生物・動植物・無生物・銀河系……何にでもなれるゲーム「Everything」登場 どんな気持ちで遊べばいいんだ

山になれるゲーム「MOUNTAIN」の作者、David O'Reillyさんの新作と聞くと納得。

» 2017年03月17日 20時37分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 プレイヤーが山になれる謎のゲーム、「MOUNTAIN」(関連記事)を手がけたDavid O'Reillyさんが、新作「Everything」を発表しました。今回は微生物に動植物、果ては“銀河系そのもの”など、文字通り何にでもなれるとのふれこみ。何の話だか読者に伝わっているか不安なので、まずデモムービーをご覧ください。それでも伝わるかどうか、ちょっと心配ですが。

字幕も付いているのですが、抽象的な説明ばかりでいまいち理解できませんでした

ALT カオスやシュールといった言葉では言い表しきれない空間

 画面を見る限りスコアやゲージといった表示はなく、ゲーム的な目標抜きで世界を自由に動ける作品のようです。動画はクマが立ち尽くすシーンからスタート。この時点でほのかに狂気を感じますが、クマがその格好のまま転がっていくくだりで、確信に至ります。周囲の小動物も同様に転がっており、どうやら基本的に地上の動物はこの方式で移動するもよう。なんなんだこれ……。


クマ 森に立ち尽くすクマ。目が怖くていきなり不安

前転 周囲のイヌらしき動物も一緒に前転。ポーズ1つ変えずに、カクカク進む様がおかしい

群れ 他の個体と触れ合って仲良くなると群れを作れるようで、例によって一緒にカクカク転がります。もうわけがわからない

 画面上に丸いマーカーのようなものが現れると、操作キャラクターはクマからクジャクへ。どうもプレイヤーの立ち位置は超常的な“何か”らしく、指定した生物などに乗り移れるようです。顕微鏡のような機能もあり、草むらなどを拡大して見ることが可能。プレイヤーは雑草や昆虫、さらには細菌にまでなり、ミクロな視点で世界をのぞけます。


マーカー マーカーがクジャクのシルエットを捕捉

クジャク 操作キャラはクジャクに変化。やっぱり転がるのか……

クローバー 地表を拡大し、クローバーにチェンジ。ウキウキしながらはい回って移動します

テントウムシ さらにテントウムシにチェンジ

ダニ細菌 ついにダニや微生物、細菌が漂うミクロの世界へ

 その一方で、世界はマクロな視点でも見られます。プレイヤーは「島」「地球」「銀河」など巨大な存在となり、宇宙すら移動可能。ある意味神になれるゲームのようですね。たぶん作り手の意図とは違うけど。


樹木島 樹木になったと思ったら、今度は島全体に

地球 そしてプレイヤーは地球に。どんどん規模が大きくなっていく

銀河 とうとう銀河系そのものに。もうなにがなにやら

 ほかにも、鳥になって空を飛ぼうが船になって航海しようが、タルや岩になって転がろうが自由と、なんでもアリのこのゲーム。作者はメディアアーティストであり、これも芸術活動の一環と考えれば、「そういうもの」として受け止めるしかなさそうです。


鳥 鳥の群れを作って飛ぶのは楽しそう

船 船や気球など、乗り物にもなれます

石 岩になって転がるプレイヤー。本当になんでもいいんですね

 3月21日に海外のPlaystation Storeにて、PS4向けに14.99ドル(約1700円)で配信開始。4月21日には、SteamでもWindowsおよびMac向けに配信されます。


(沓澤真二)


関連キーワード

ゲーム | 動物 | 細菌 | 地球


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評