ニュース
» 2017年03月22日 10時00分 公開

岡崎京子「リバーズ・エッジ」、二階堂ふみ×吉沢亮で実写映画化

岡崎さんの最高傑作とも称される作品が実写化!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 漫画家、岡崎京子さんの「リバーズ・エッジ」が、行定勲監督のメガホンで、主演を二階堂ふみさん、相手役に吉沢亮さんを迎え2018年に実写映画化されることが明かされました。

二階堂ふみ吉沢亮

 1993年〜1994年に掛けて「CUTiE」(宝島社)で連載されていた同作は、バブルが弾け、世紀末が迫る90年代が舞台。リアルなセックス描写を含む愛や暴力を描写し、都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感といった現実を描き、岡崎さんの最高傑作とも称される作品。10代のころに原作と出会った二階堂さんは、「衝撃的な空虚、無知ゆえの凶暴、10代でこの作品に出会えたことが財産だと思っています」と語るほど、深く引きつけられた作品だと明かしています。

リバーズ・エッジ

 ストーリーは、女子高生のハルナが元恋人の観音崎にいじめられている同級生の山田一郎(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、河原に放置された腐りゆく人間の死体を見つけたことを打ち明けられるというもの。摂食障害を持ち、同じようにその死体を愛すモデルのこずえや、一方通行の好意を山田に寄せるクラスメート・田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミら、リアルな状況を抱えた高校生たちが、感情も愛情も体も絡ませ合いながら、不器用にストレートに物語は進行し、新たな死体が、ひとつ生まれる、というもの。原作の印象について吉沢さんは、「90年代の高校生が抱える虚無感や何か大きな波にのみこまれて身動きが取れないでいる姿が、現代の若者となんら変わらないと感じました」とコメントしています。

 漫画の映画化は初挑戦となる行定監督は、「ずっと漫画の映画化に抵抗してきた。しかし、岡崎京子さんの名作はあまりにも魅力的でついに手を染めてしまった」と原作への思いを吐露。「90年代が鮮烈に描かれた傑作を未来ある若い俳優たちと共に今の時代を生きる人たちに届く作品にしたいと思っています」と意気込みを語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた