ニュース
» 2017年03月23日 15時55分 公開

「攻殻機動隊」のタチコマ、走って話せて並列化もできる1/8スケールロボに

スマホアプリと連動し、遠隔操縦やネット連携を実現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車「タチコマ」が、8分の1スケールの玩具ロボット「うごく、しゃべる、並列化する。1/8タチコマ」として発売されます。既に予約を受け付けており、価格は税別15万7400円(直販価格)。お値段が張るだけに、ユーザーと会話するなど高度な機能を豊富に備えています。


イメージ サイズ感かわいい

 神山健治監督の監修下で、アニメに使用された3Dデータをもとに細部に至るまで再現。21個の内蔵モーターにより、各関節やポッド部、センサー部などあらゆる部位が電動で動きます。脚部のホイールで自在に走行するほか、コマンドの発行で作中に登場する多彩な姿勢を再現することが可能。会話の際も、身振り手振りで豊かな感情表現を見せてくれます。


アップ
フロントリア
サイド俯瞰

 AIの搭載により、人間との会話が可能。テレビシリーズと同様に音声は玉川砂記子さんが担当し、600パターン以上を収録しています。これを音声認識エンジンや音声合成と組み合わせることで、声質はそのままに自由な会話を実現。ネットとの連携で、天気予報やGoogleカレンダーに登録したスケジュールを教えてくれる機能も備えています。


専用アプリ 専用アプリには、知らない単語をタチコマがネットで調べてくれる機能も

 操作は連動するスマートフォンアプリから実行。本体に搭載されたカメラの映像をリアルタイムで見ながら遠隔操作できます。アプリでアイボールを動かし、タチコマ目線の写真を撮影することも可能。


操作 ドローンのようにタチコマを操作

 原作の重要な要素である「並列化」までも再現。例えば、あるユーザーがタチコマにリンゴを見せると、「リンゴでしょ?」と答えます。このとき「リンゴは甘い」と付随情報を教えると、クラウドサーバーを介してすべての個体が情報を共有。その後に他のユーザーがリンゴを見せた場合も、「リンゴは甘いんだよね」と、直接学習していない内容を話すようになります。

 予約者への発送は6月ごろを予定。発売を記念し、バンパーや砲身カバーにアルミ削り出し部品を採用した「SPECIAL EDITION」も数量限定で販売されます(税別17万7400円)。なお、「SENSORS IGNITION 2017」や「AnimeJapan 2017」といったイベントにも出展中。高価なタチコマで遊ぶチャンス!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙