ニュース
» 2017年03月25日 17時00分 公開

泊まれる猫カフェ!? タイ・バンコクの「猫ホステル」に泊まってきた(1/2 ページ)

1日猫と触れ合って過ごすのんびりした日常はいかが?

[たびぐらし・ゆーと,ねとらぼ]

 タイのバンコクに滞在中、かわいい猫と触れ合えて、しかもお泊まりまでできてしまう夢のような宿があると聞きつけました、その宿の名前は「キャズ ホステル(Cazz Hostel)」。そんなことを聞けば猫好きな自分としては、いてもたってもいられない! というわけで早速訪れてみることにしたのです。

 「キャズホステル」があるのは街の中心、駐在員の人達が多く日本人街として有名なトンローという街から、BTSというスカイトレインで2駅ほど行った「Phra Khanong」という駅の近く。

BTS

 「バンコク」と言えば、映画やドラマなどから危険で不潔なイメージがあるかもしれませんが、国際的な大都市へと変化しつつあり、モダンなテクノロジーとタイの伝統的な光景が共存する街へと様変わりしています。

 「キャズホステル」がある地域は、過渡期にあるその町の雰囲気が色濃く出ているエリア。昔ながらのタイらしい風情が漂うザ・バンコクな地域に、突然おしゃれなホステルが現れます。

キャズホステル

 さてこちらのホステル、1階部分は昼間カフェとして営業しています。

 猫ちゃんと触れ合えるのも、このカフェ部分なので、猫たちと触れあうのだけが目的なら、別に泊まらなくても大丈夫。

 小奇麗でシックな色調で統一した店内は、小物も猫をテーマに統一されています。ジャズが流れる店内はスタイリッシュな雰囲気です。

店内には猫の小物が

 カフェとしてもお値段はお手ごろで、アイスカフェラテは1杯45バーツと日本円で150円くらい。バンコクでは外国人向けのカフェは値段が高く、スターバックスなどではアイスコーヒ一杯120バーツ(400円)くらいしますからコスパは高い。触れ合いをするのに追加料金がかからないのもうれしいですね。

アイスカフェラテ

 さて、お迎えしてくれるのは2匹の猫たち。しましま模様のサマーくんは1歳のアメリカンカール。白黒の模様のパンダくんは、立ち耳ですがスコティッシュフォールド。あまり奇麗とは言えない雑種猫を多く見る東南アジアで、ステキな毛並みを持つ猫たちです。

サマーくん
パンダくん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる