ニュース
» 2017年03月27日 08時45分 公開

和の料理がかわいいおやつに? アメリカで「スシドーナツ」なるものが登場して流行の兆し

カラフルな見た目が目を引くお米ドーナツ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 アメリカにて「Sushi donut(スシドーナツ)」なるものが登場し、Instagramなどに投稿されています。想像以上にカラフルでおしゃれだった……。


寿司 ドーナツ Sushi donut 白と黒のごまに、真ん中の海苔がまたちらし寿司みたいで良い感じです(Instagramより)

 白いご飯が名前の通りドーナツのような形――まあるい真ん中に穴が空いた形状のおにぎりで、その上にお刺身がきれいに盛りつけられています。サーモンやマグロの他に、キュウリや漬け物のような色の大根が広がるように重ねられ、なんとも色鮮やかな見た目に。

 普通のお寿司と比べると少し食べにくそうですが、ご飯が手に付かないように下に海苔が敷かれていたり、手のひらに収まるサイズ感からも、小腹の空いたおやつタイムなんかにちょうどよさそうです。


寿司 ドーナツ Sushi donut 見た目はカラフルなドーナツ!(Instagramより)

寿司 ドーナツ Sushi donut 小腹時に食べてみたい(Instagramより)

 写真を投稿しているのはニューヨークにあるお店「POKEE」で、公式サイトではスシドーナツの他にも「クラシック・ツナ」「レインボー・サーモン」「トーフ・ボウル」などの和風なメニューが確認できます。

 またヒューストンにある別のお店でもスシドーナツが開発中のようで、もしかしたら今後の流行によっては日本に逆輸入のような形で入ってくる可能性もあり得そうです。







(宮原れい)

関連キーワード

Instagram | 寿司 | ドーナツ | アメリカ | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐