ニュース
» 2017年03月28日 18時40分 公開

寝る前に読むと胃もたれしそう なぜか揚げ物たちが野球に励むシュールな絵本が話題に

斬新な飯テロ。

[エンジン,ねとらぼ]

 エビフライやアジフライ、オニオンリングにイカリングといった揚げ物たちが野球をする絵本が「シュールな面白さ」とネット上で注目されています。



あげもの どうやってバットを持っているんだろう

 話題となっているのは、ブロンズ新社より出版されている「ぼくらはうまいもんフライヤーズ」(岡田よしたかさん作)。揚げ物たちが野球帽をかぶり、バットやミットを持っている表紙からして、非常にユニークです。


あげもの アジフライの帽子のかぶり方がチャーミング

 ストーリーは、エビフライとアジフライが仲間たちを誘って隣町のチームと野球をするといったもの。みんな関西弁でしゃべります。


あげもの あげものたちの多種多様な動作が楽しい

 来たる試合に向け、揚げ物たちの特訓に協力するのはフライなべ監督。油が煮えたぎるほど熱い闘志を秘めた男です。ソフトクリームやアイスキャンディーたちの声援のもと、揚げ物たちはフライなべ監督の千本ノックに挑みますが、イカリングは空洞が原因でトンネルしてしまったり、身体の小さなフライドポテトたちはなかなかミットをつけることができなかったりとてんてこまい。そうして迎えた試合当日、果たしてその結果はいかに? それは読んでのお楽しみ。

 普段食卓に並んでいる揚げ物たちが元気に動き回って野球をするという奇想天外な物語に、ネット上では「お腹が空いてきた」「フライだけにフライ打ちそう」「四十路の胃にはつらい」などさまざまな反応がみられました。

 作者の岡田よしたかさんは他にも「うどんのうーやん」「ちくわのわーさん」「とてもおおきなサンマのひらき」といった、食べ物が活躍する絵本を多数手掛けています。そちらもご注目あれ!



画像提供:ブロンズ新社

エンジン


関連キーワード

絵本 | 面白い | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む