ニュース
» 2017年03月31日 18時50分 公開

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた

「魚コード」は「なこーど」と読みます。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」――。自社商品の海賊版を発見した社長の対応が話題を呼んでいます。


 アーティストユニット・明和電機から発売されている「魚コードUSBケーブル」。魚の骨を模したデザインがシュールかわいい一品ですが、残念ながらこちらの海賊版が流通してしまいました。3月30日、Twitter上で「魚コードパクられとるやんw」という投稿を目にした社長の土佐信道さんは、即座に海賊版が見つかった店舗に突撃。なんとその場でお店にあった海賊商品100個を買い占めてしまいました。さらに、これらを即日オリジナルパッケージにリメイクし、同社オンラインストアで社長サイン入りで販売開始するという豪快なスピード展開。

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた ニセ「魚コードUSBケーブル」をオリジナルパッケージでまさかの商品化。パッケージ右上には社長のサインも

 土佐さんは当初Twitterで、「うちのより性能いいじゃないか・・・」と、海賊版の完成度に脱帽。かなり忠実に再現されているようで、一時は正規品を請け負った工場が金型を流用したのではないかと疑ったほどでした。

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた 色でしか見分けがつかない

 ねとらぼ編集部の取材に対し土佐さんは、「Twitterで『工場の金型から流出』と書きましたが、その後商品の詳細な分析を行ったところ、明和電機の商品から忠実におこした『新しい金型』で作っていることが分かりました」と説明。リメイク版の売れ行きは好調なようで、「白」「赤」「黒」と3つあるカラーバリエーションの内、既に「白」が売り切れている状況です。


 また、せっかくなので「魚コード」シリーズに込められた思いを聞いてみたところ、土佐さんは次のように語ってくれました。

1995年に発売した「魚コード」は100Vの電気コードで、それにつながるものは家電製品などでした。その後2000年に発売した「魚コードストラップ」は、時代を反映して、つながるものは携帯電話になりました。2013年、明和電機が20周年を迎えるにあたり、新しく「魚コード」を発売することになったのですが、じゃあそれに何をつなごうか? という話になったとき「スマホ」でしょう! ということでUSBケーブルになりました。時代の変化とともに、魚コードがつながるものも変化しています。


 なお、明和電機のニセ「魚コードUSBケーブル」はあくまで“アートピース”として販売されているため、実際に使用して何らかの不具合が生じたとしても保証はされないので、購入する場合はご注意を。「魚コードUSBケーブル」はホンモノ・ニセモノ共に2700円(税込)で発売中。また、4月14日に開催される同社の1年間を振り返るイベント「明和電機事業報告ショー2017」では、土佐さん自ら今回の騒動について詳細なトークを行う予定です。


関連キーワード

海賊版 | 社長 | モダンアート


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙