ニュース
» 2017年04月02日 14時16分 公開

「ヤッホー^^ ご飯いこうよー!」 オジサンが書きそうな文章を解説したイラストツイートに反響続々

魚でもひぐらしのキャラでもなく、本物のオジサンについての真面目な解説です。

[Kikka,ねとらぼ]

 やたらとご飯に誘う――、聞かれていないのに自分語り――など、いかにもオジサンが書きそうな文章を分かりやすく解説したツイートが話題になっています。

 イラストで「オジサンになりきろう講座」を紹介しているのはすれみ(@_Smitter2)さん。“オジサンが送ってきそうな文章”を目指して、まずはオジサンの特徴を学びます。

 まずオジサンは返信がなくてもどんどんメッセージを送ってきます。そして「そろそろご飯行こうよ ご要望とかはあるのかな?」などやたらとご飯に誘ってきます。またイケてるオレを演出するためか、「可愛すぎ 反則だよ〜笑」などとほめ方が絶妙にキモかったり、最初は「ちゃん付け」で接してきたのに突然呼び捨てにしてきたりと独特のセンスで接してきます。確かにこういうメール、見たことあるなぁ……。


オジサンクソリプ まずはオジサンの書く文章の特徴を学ぶ

 そしてこれらのオジサンには、大きく分けて4つのタイプが存在しているといいます。まずはとにかく絵文字が大好きな「絵文字乱用オジサン」。連絡がマメなのが特徴だといい、その辺のオジサンよりはケータイ使えるぜアピールをしてきます。

 次に顔文字使いのプロ、「顔文字乱用オジサン」。(^_^;)や(^_-)-☆といった相手をイラつかせる絵文字の使い手です。そして表情が分からないため恐怖感をあおるのが「句読点オジサン」です。「よく頑張ったね。えらいえらい。」などたまにカッコいいことを言ってくるのがなおさら怖いです。

 最後は昔ヤンチャしてた系が多いという「若作りオジサン」。「今日もチョー寒いね〜」などサラッと寒いキーワードを盛り込みつつ、「俺もマイちゃんのために頑張るよ〜! なんちゃって!」とオレを一人称にするオジサンです。

 と、なんとなくオジサンが書く文章がつかめてきたら、いくつかの定型文を作っていきます。この定型文をベースにオリジナリティーをプラスできればあなたも一人前のオジサンに。


オジサンクソリプ あなたはどのタイプにする?

例文:あいさつ+応援

 あいちゃんオハヨー 今日も頑張ってね!

例文:褒め+自分が参った表現

 可愛すぎ! 今から寝ようと思ってたのに、目が覚めちゃったよ!(◎_◎;)笑 どうしてくれるんだ!^^;

例文:あいさつ+疑問+お誘いの場合

 ヤッホー 何してる? 突然だけど、あみちゃんはおすし好きカナ?^^; 土曜日ご飯行こうよ!


オジサンクソリプ 量産されるオジサンテンプレ

 またすれみさんが「このツイートのリプライ欄であなたのオジサンの文(クソリプ)を待ってます」と書いたところ、50件以上のクソリプが寄せられました。

 これには当初「リプライ欄めっちゃ面白いからみんな見て」と喜んでいましたが、次第に普通のツイートにもオジサンクソリプが来るようになったという弊害についても触れています。相手はオジサンの心を持っているから仕方がないですね……。

オジサンっぽい文章のクソリプ

 

 近年ネット上では「ワイは〜」「〜ニキー!」などのキーワードを使った「なんJ語」が流行しつつありましたが、次はオジサン文章ブームが来るかもしれません。なんちゃって笑。

画像提供:すれみ(@_Smitter2)さん

(Kikka)

関連キーワード

オヤジ | 解説 | Twitter | イラスト | なんちゃって


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」