ニュース
» 2017年04月04日 21時55分 公開

イルカはタコを放り投げて水面にたたきつける 豪大学研究

タコを空中に放り投げて水面にたたきつける狩りの手法が、南西オーストラリアのバンドウイルカに見られました。

[ねとらぼ]

 一部のイルカはタコを空中に放り投げて水面にたたきつける複雑な狩りの方法を使っているとする研究結果を、豪マードック大学の鯨類研究チームが発表しました。

そいやー

 研究チームは南西オーストラリアのバンドウイルカを2007年から2013年にわたって調査。その間にこのような手法が45例観測されたとしています。主に2つの方法があり、1つはタコをくわえたまま水中から体を出して回転し、タコを水面にたたきつけるというもの。もう1つはタコをくわえて水面から頭を出し、口を開いてタコを空中に放り投げるというもの。タコは数メートル先まで飛ぶことが多く、イルカはその後もまたタコを拾って水面にたたきつけるとのことです。

タコを投げるイルカ

 研究者はこの方法を取る理由について、「体にくっついたタコを取るため」「タコを柔らかくし、脚を無力化するため」「タコをバラバラにして食べやすくするため」と示唆しています。研究チームが調査を行った地域では、大きなタコを食べようとしたイルカが窒息して死んだケースもあり、タコを狩ることにはリスクがあるようです。防衛反応として、タコの脚は頭から切り離されたあとでも動き続けるため、イルカは脚の反応を弱めるためにタコを海面にたたきつけなければならないと研究者は述べています。

 研究では、この手法は季節的な波があり冬と春がピークであることや、海が浅く濁っているところで行われること、大人のメスにより最も行われていること、この手法を使う他のイルカと密な関係のあるイルカによって行われることも報告しています。研究の結果は学術誌「Marine Mammal Science」に掲載されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10