ニュース
» 2017年04月05日 18時15分 公開

ビックカメラがビットコインを試験導入 仮想通貨の利用には注意も必要

有楽町店とビックロ新宿東口店で4月7日から。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ビックカメラは、仮想通貨「ビットコイン」による決済サービスを4月7日より試験導入すると発表しました。対応店舗はビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店の2店舗です。

ビットコインが使えるというチラシ ビットコインで買い物できるってよー

 ビットコインは世界で最も普及・流通しているとされる仮想通貨で、全世界で約2000万人のユーザーが利用しています(2017年3月現在 bitFlyer調べ)。ビックカメラではビットコインが先行して普及している海外からの観光客の利用を見込み、試験導入を決定したとのことです。1会計に付き10万円相当のビットコインまで利用できます。

ポイントカードで現金払いと同率のポイントサービス 現金払いと同率でポイントももらえます

 同社によると国内大手小売店としては初めての導入とのこと。世界各地で利用者が急増しているビットコイン、今後導入する企業が増えていけば使ってみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

 ビットコインの入手方法の1つとして仮想通貨と日本円などの法定通貨を交換する「仮想通貨交換サービス」の利用があります。2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、このサービスを行う事業者は仮想通貨交換業の登録が必要になりました。資本金が1000万円以上であるなど一定の要件を満たさなければ登録できません。トラブルにあわないためにも仮想通貨交換サービスを利用する際には登録業者かどうか確認して欲しいと国民生活センターや金融庁は注意を呼びかけています。登録業者は今後金融庁のWebサイトで随時公表していくそうです。

国民生活センターからの消費者へのアドバイス 登録業者か確認しよう!(国民生活センター発表情報より)

 仮想通貨には価格が急激に低下するリスクなどさまざまなリスクがあり、仮想通貨交換の登録業者だからといって、取引にリスクがないということではありません。仮想通貨がどんな仕組みでどんなリスクがあるのか、よく理解してから利用することが大事なようです。

金融庁のリーフレット 仮想通貨交換サービスを利用するときのチェックリスト!(金融庁リーフレットより)

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン