ニュース
» 2017年04月09日 21時00分 公開

食べたクラゲの触手を武器に使う!? 深海の大ダコ「ハリフロアトランティカス」の研究が発表

とらえたクラゲを抱えて泳ぎつつ、その触手を武器に使うとみられています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカのモントレー水族館研究所(MBARI)が、深海に住む大ダコ「ハリフロアトランティカス」の研究を発表しました。観測の様子が映った動画には、サムクラゲを抱えて泳ぐ姿が。なんとこのタコ、とらえたクラゲの触手を武器として使うのだそうです。なにそれ怖い。



タコ 中央の黄色っぽい部分はタコの身体ではなく、捕食されたクラゲ

 ハリフロアトランティカスが発見されることは、同研究所でも27年間で3回目。今回のような生きた状態での観測はごく珍しいケースとのことです。オスこそ約30センチ程度の大きさですが、メスは4メートルにも成長するのだとか。


メス 観測されたメス。12フィート(約366センチ)以上と目されています

 メスは巨大ゆえ、触腕でクラゲを包み込みつつ楽々と泳ぐことができます。こうしてクラゲを運びつつ、くちばしでクラゲの養分を吸収。もちろんクラゲは死んでしまいますが触手は死後も機能し、刺すことができるそうです。


触手 細い糸状の物体がクラゲの触手

 MBARIの研究者は、ハリフロアトランティカスは身を守るためにクラゲの触手を使うと考察しています。つまりこのタコにとって、クラゲは弁当であり武器でもあるんですね。


(沓澤真二)


関連キーワード

クラゲ | 研究機関 | アメリカ | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響