ニュース
» 2017年04月10日 20時38分 公開

紙粘土で作った平成ゴジラの自作フィギュアが市販品並みのクオリティー ウロコの凹凸だけで2カ月を費やした力作

ゴジラ愛がすごい。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 平成元年以降に登場したゴジラ(通称:平成ゴジラ)のフィギュアを制作する動画が、ニコニコ動画で公開されています。クオリティーが高すぎて、紙粘土製に見えない件。

 まずは、2本足で自立するゴジラの姿勢をざっくり再現するところから。やや前傾の胴体から、指も爪もない手足が伸びているだけで、この時点ではとても怪獣には見えない造形です。その後、糸のこぎりで各部位を分解し、ピンセットや彫刻刀などを使った細部の制作に入ると、少しずつゴジラらしい見た目に。かなり手の込んだ作業が行われており、特に全身にウロコの凹凸を入れる作業には2カ月間もかかったとのこと。長ええええええ!!

 そうして出来上がった手足などのパーツを再び胴体にくっつけ、ていねいに塗装して仕上げると市販品のフィギュア顔負けの平成ゴジラが完成! 最初の造形からは想像できないクオリティーの高さに、「野生のソフビ」「おもちゃ屋に置いてあってもわからんwww」と驚きのコメントが寄せられています。


画像 作りはじめのゴジラは、こんな形態


画像 ここからパーツごとに作り込んでいきます


画像 背中のヒレ部分かな?


画像 ペタペタ


画像画像 全身にウロコのもようを手作業で。2カ月間もかかったそうです


画像 仕上げに着色すると……


画像画像


画像 見事な平成ゴジラに!


画像 クオリティーの高さに、コメントも続々

 ちなみに、約4分半の再生時間のうち、最初の3分の1はフィギュアとは直接関係しないアニメーション。ですが、こちらもゴジラ愛に満ちており、なかなか見応えがありますよ!


画像画像 アニメ部分も楽しめそう

マッハ・キショ松

関連キーワード

ゴジラ | フィギュア | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響