イケメンの新ジャンルを発掘 「渋イケメン」たちの写真展が銀座で開催

インドやバングラデシュの濃くて渋いイケメンたちです。

» 2017年04月11日 09時30分 公開

 皆さんは、イケメンと聞くとどんなタイプの男性を思い浮かべますか? きっと、ジャニーズ系のかわいいイケメンや、星野源さんのような塩顔イケメンを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、そういったマイルドな雰囲気のイケメンではなく、「いぶし銀」という言葉がぴったり当てはまる「渋イケメン」たちです。


渋イケメン

 インドやバングラデシュで彼らを撮影したのは、写真家の三井昌志さん。三井さんいわく、彼らの最大の魅力は「異性にモテようとしない、あるがままの格好良さ」だそうです。


渋イケメン

 インドやバングラデシュに住む男たちにとって、イケメンであることが直接何かの役に立つことはありません。いまだに9割が親同士が決めた相手と結婚し、婚前交渉はおろか恋愛すら大っぴらにはできないお国柄。また、いくらハンサムでも、それが親の選ぶパートナー選びに大きく影響することはないのだそうです。


渋イケメン

 渋イケメンたちを堪能できる写真展「渋イケメンの国」は、キヤノンギャラリー銀座で4月13日から4月19日まで開催されます。


渋イケメン


渋イケメン


渋イケメン


渋イケメン

 今回の写真展では、2016年に発売した写真集「渋イケメンの国」に掲載されている作品だけでなく、2017年の旅で撮ったばかりの新作イケメンたちも多数展示する予定。


渋イケメン

 撮影をした三井さんによると、「自分に与えられた仕事を黙々とこなすうちに、必要な筋肉が付き、外見に渋い味わいがにじみ出てくる。そんな渋イケメンたちの生きざまを感じられる写真展」だそうです。その深く濃い魅力を、皆さんも会場で味わってみてはいかがでしょうか。


渋イケメン


渋イケメン

写真展「渋イケメンの国」

  • 日程:2017年4月13日〜4月19日
  • 時間:10時30分〜18時30分(最終日15時まで)
  • 会場:キヤノンギャラリー銀座
  • 休館/日曜日・祝日
  • 入場/無料

(平原健士/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

イケメン | 写真展 | インド | キヤノン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」