ニュース
» 2017年04月11日 17時59分 公開

「ペルソナ5」が海外のJRPGシーンに新たな歴史を刻む。Metascoreが「FF9」に並ぶJRPG史上最高評価に

4月4日に欧州・北米向けに発売された『ペルソナ5』が絶好調!

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


 今月4月4日に欧州・北米向けに発売された『ペルソナ5』が絶好調だ。先日アトラスは同作の累計出荷数が150万本を突破したことを発表しており、Ukieが発表したイギリスのチャートでも『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands』を押しのけて首位を獲得している。よい結果が出ているのはセールスだけではない。メディアやユーザーレビューでも高得点を連発しており、レビュー集積サイト「Metacritic」でも歴史的な評価を得ているのだ。

“嫌われない”ことが高評価の理由

 4月10日現在の『ペルソナ5』のMetascore(以下、メタスコア)は94点。もっとも低い点数は85点。レビュー数は54。メディアによって評価が大きく分かれるということがなく、辛口メディアを含めた幅広い海外メディアに受け入れられていることが高得点につながっているのだろう。読者投稿型であるUser Reviewも9.1という高評価に落ち着いており、Metacriticの競合サイト「OpenCritic」でも同様に94点を記録している。


ペルソナ P5

 94点というメタスコアは、歴代JRPGのなかでも、2000年にPlayStation 向けに発売された『FINAL FANTASY IX』と並んで最高評価。RPG全体で見ると5位。メタスコアという枠内でいえば、JRPGとして歴史に名を刻んだタイトルといっても過言ではないだろう。

 ゲームコミュニティやメディアでも話題を集めている。Nowloading.coが「『ペルソナ5』は『FINAL FANTASY VII』に匹敵するタイトルであり、新時代のJRPGの波を引き起こした」と述べれば、Gameinformerは「『ペルソナ5』が私のGame Of The Year」になるであろう理由」と題した記事を掲載するなど、ゲームそのものだけでなく、ゲームの魅力を考察するコラムでも取り上げられている。どんでん返しのあるストーリーテリングや、スタイリッシュに仕上げつつも“古き良き”を守った戦闘システム、東京という独特の舞台などが魅力としてあげられている。JRPGは海外メディアから必ずしも受けがいいとは言えないが、実は『真・女神転生』シリーズや『世界樹の迷宮』シリーズなどアトラスの主力作品は安定した評価を得ており、『ペルソナ5』の高得点はこうした流れを汲んだうえで生まれたものであるとも考えられるだろう。


ペルソナ P5

 もちろん、ゲームの評価を数値化するというMetacritic自体のシステム、メディアのしがらみ、そして集積した評価を平均化する構造など、メタスコアがいくつかの疑問を抱えているのも確かだ。それゆえに、メタスコアの評価が絶対的なものであると考えるのは危険だろう。しかしながら、海外では評価の分かれやすいJRPGにおいて、東京を舞台とした『ペルソナ5』が受け入られていることを理解するうえでは、メタスコアは興味深い参考データだといえる。海外レビューでは、すでに第二の『ペルソナ5』の誕生を待望する声も多く、JRPGというジャンルの機運が高まりつつある。

関連記事

関連キーワード

評価 | RPG | 海外 | ゲーム | レビュー | 海外メディア


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」