ニュース
» 2017年04月12日 20時20分 公開

引越の段ボール箱に“マンガの集中線” 「割れ物注意」が目立つ&楽しいとネットで評判 デザインの意図は

「スター引越センター」の梱包用段ボール箱のデザインが話題に。制作経緯を取材しました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 引越し業者「スター引越センター」の梱包用の段ボール箱が、「割れ物注意」を書くのに効果的なデザインだとTwitterで注目を集めています。箱の側面いっぱいにマンガの表現技法の一種「集中線」が印刷されており、その中央に「上積み厳禁」「天地無用」など文字を書くことで注意書きを目立たせることができるのです。これは引越し業者に訴えやすくて便利、しかもいろいろ遊べて楽しそう!

スター引越センター 段ボール箱 集中線 集中線が描かれている、スター引越センターの段ボール箱(写真提供:スタームービング)

 スター引越センターはスタームービング(本社:神奈川県横浜市)が営む、東京都・神奈川県と中部・関西・東北地方間の引越しを手掛ける運送業者。これまで同社の段ボール箱は、側面に企業のロゴが入っただけのシンプルなデザインでしたが、今年3月から集中線を大きくプリントしたものにリニューアルしました。

 4月10日にあるTwitterユーザーが「不思議なデザインだなーって思ってたんだけど、『割れ物注意』書くのにすごくいいんだね!」と段ボール箱の写真を投稿したところ、2日間で2万回近くリツイートされるなど大きな話題に。写真の箱には「ワレルー!」「ワレモノォー!!」とコミカルな注意書きが書かれていたのも相まって、「落書きしたくりますねこれ(笑)」「集中線wwwww」「いいですね」と共感の声を集めています。

 集中線をデザインした意図についてスタームービング担当者に取材したところ、「お客さんが荷物を梱包するときに、何か楽しい言葉を書きたくなるようなデザインを心がけました」と説明。どうも注意書きの強調というよりも、依頼人と運送業者間でちょっとした交流が生まれるのを期待してのデザインだったようです。

スター引越センター 段ボール箱 集中線 サイズは大・小2種類

 「最近弊社ではブランドイメージ向上のためロゴマークや名刺をリニューアルしております。中でも月に何万枚と使ってもらっている段ボール箱は一番お客さんの目につくので、こちらで何か面白いことをしてみたくなったんです。いつも配達業者に向けて注意書きやどの部屋に運んで欲しいかなどを書いてもらっていますが、もっと気軽に奇をてらった言葉や絵を書きたくなるにはどうしたらいいか考えた結果、集中線をプリントすることにしました」(スタームービング担当者)

スター引越センター 段ボール箱 集中線 せっかくなのでスタームービングさんにも書いてもらった

 リニューアル後、現場からは段ボール箱に変わった文字やイラストを見つけたという報告がポツポツ入るように。例えば複数の箱にマリオがキノコをとっている絵が描かれ、「キノコが1個しかない箱は○○の部屋へ」「2個ある箱は△△の部屋へ」と描き分けられているケースもあったそうです。運びながら笑みがこぼれてしまいそう。

 Twitterでの反響については「正にこちらが欲していたものを書いてもらえてうれしかったです。ツイートもかなり拡散されていたので、箱の存在が広まったことも非常にありがたい、という気持ちも正直なところです(笑)」と担当者も喜びをあらわにしてました。

 販売について問い合わせも相次いだため、スター引越センターでは段ボール箱の注文フォームを臨時で開設し、電話受注と併せて1枚200円(税別)で販売しています。対応が早い……! 春の引越しラッシュも落ち着き始めたころでしょうが、今後どこかで人知れず、依頼人と配達業者の間でこの箱を使ったコミュニケーションが生まれているかもしれません。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」