ニュース
» 2017年04月13日 09時00分 公開

どうして靴ひもは履いているだけでほどけちゃうの? 米国の研究でメカニズムが明らかに

足の動きで靴ひもにかかる2つの力が影響しているそうな。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 走っていると、いつの間にかほどけてしまう靴ひも。「どこかに引っ掛けたわけでもないのに……」と不思議に思ったことはありませんか?

 そんな疑問を解消してくれる研究結果が、米国カリフォルニア大学バークレー校から発表されました。スローモーション映像を使って、靴ひもがほどけるメカニズムを分かりやすく解説しています。

 ひとりでに靴ひもがほどけてしまうのは、足の動きに合わせて2つの力が発生するから。走行中、地面に接触する足には重力の7倍の力がかかっており、この際に靴ひもの結び目が伸びて、緩んでしまいます。

 同時に、足の前後の動きで発生する慣性力で、靴ひもの末端はムチのように運動。動画を見ると、着地のときに靴ひもが前に飛び出し、そのままスルッとほどけています。足の上下運動による着地の衝撃で結び目が緩み、前後運動で靴ひもを引っ張る力が働くというわけですね。


画像 着地するとき、慣性力で靴ひもが前に引っ張られます


画像 また、着地の衝撃で、結び目が緩みます


画像 それを何度も繰り返すと……


画像 靴ひもがほどけてしまうというわけ

 発表によれば、今回のような研究はかなり珍しく「誰もが考えるのに、誰も調べなかった」テーマとのこと。応用すれば、靴ひも同様に結び目を持つDNAの理解などに役立つ可能性があるそうです。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」