ニュース
» 2017年04月13日 17時40分 公開

「スーパーマリオブラザーズ」から謎のサウンド発掘。キノコを取る音と1UPの音は、もとは1つのサウンドか

高速再生するとキノコを取ったときの音に酷似。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


 任天堂が『スーパーマリオブラザーズ』を発売してから30年以上がたつが、またしても興味深い要素が発掘された。同作を遊んだプレイヤーが、聞き覚えのないであろうサウンドを新たに発見したのだ。(映像の24秒から)

 4秒という効果音ともBGMともいえない長さのこのサウンド。最後に聞こえる「1UP効果音」はなじみ深い音で、それ以外の部分はどこかで聞いたことがあるような旋律でありながら、ゲームをプレイしている際には聞く機会はない。知っているような知らないような、そんな不思議な魅力のあるサウンドといえる。

 映像を投稿したYouTubeユーザーFamicomer氏に話をうかがってみたところ、氏はこのサウンドを偶然発見したという。氏はもともと2Dアクションゲームを愛する任天堂ファンで、『スーパーマリオブラザーズ』や『ロックマン』シリーズのバイナリをいじって遊ぶのを好む少々変わったデータマイナーだ。いつものように愛用エミュレーター「FCEUX」を使って『スーパーマリオブラザーズ』を遊びつつ、バイナリエディタ「HxD」で同作の研究をしていたという。

 ある日、氏は効果音を制御する列にある値「0000F0」を見つけ、3列目にあるファンファーレの部分に78と入力、そして隣にあるBGMにかんする値である4列目と5列目の部分の両方に00を入力した。すると一度全ての音がミュートとなり、例のサウンドが流れ始め、「1UPサウンド」を発見したと氏は語っている。

 『スーパーマリオブラザーズ』はデータ内部を含めて研究され尽くしたタイトルであるので、このサウンドが新発見と断言するのは難しい。しかし、Famicomer氏は「このサウンドは今まで聞いたことがない音であると感じている」と話す。

 面白いのは、今回発掘されたサウンドが、われわれが聞き慣れたキノコ取得時と1UP時の2つの効果音のベースになっているという説が、redditにて提唱されていることだ。実は最後の1UP効果音が聞こえるまでの部分を高速再生すると、マリオがキノコを取得した時に流れる音に酷似している。この研究については、すでに3年前に検証されており、キノコをとったときに聞こえるパワーアップの音が複合的なサウンドによって構成されていることが明らかになっていた。


マリオ

 つまり、今回の説は、実はパワーアップ時の効果音と1UPした際に流れる効果音はもともと“1つのサウンド”であり、かたや切り取られ高速再生することでゲームに使用され、かたや切り取られて1UPの効果音として採用された。その1つのサウンドが、今回発見されたサウンドというわけだ。またFamicomer氏は今回のサウンドはゴールした際の音にも似ているので、なんらかの関連性があるのではないかと指摘する。根拠はないものの、なんらかのつながりを感じさせるのも確かだ。

 Famicomer氏を中心に、この「謎のサウンド」の存在を確かめるべく、コミュニティーでは検証が進められている。このサウンドは、32年前の作品の内部データの1つにすぎない。しかし、われわれの知る『スーパーマリオブラザーズ』のサウンドに隠されたルーツがあるというのは、非常に興味深い。この謎が解き明かされなくとも、この世に情熱あるゲーマーがいる限り、あらゆるゲームの研究が終わることはないだろう。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」