ニュース
» 2017年04月17日 22時20分 公開

高所から票をファサー 塩をファサーするトルコのシェフ、投票もファサースタイルで臨む

絶対箱に入らないやつ。

[宮原れい,ねとらぼ]

 塩を高い位置からファサーするポーズが人気のトルコのシェフ、ヌスラト・ガネーシュさん(関連記事)。そんな同氏ですが、4月16日に行われた国民投票でもファサースタイルで臨んでいる姿が確認されています。



 投票箱に向かって右腕を高く上げ、いつもの塩の位置と同じ耳の横辺りから票をファサーしようとする同氏。肘に当たるとかいう前に絶対箱に入らない気がしますが、堂々としたポーズには今回の投票に対する熱を感じさせます。

 ただその後ろで氏を見守る人の表情が複雑そうで、なんともいえない雰囲気が……。


塩 ファサー 投票 トルコ 後ろの人の表情がなんともいえないです(ヌスラト・ガネーシュさんのInstagramより)

 投票前にはお肉のすしにファサーしたり、自分の壁画と一緒にエアファサーしたり、雪の中でファサーしたりと、塩以外の場面でもファサーで表現するスタイルが定着しているだけに、ここまでくると次回は何にファサーするのか気になってしまいます。


塩 ファサー 投票 トルコ 塩以外でもなんでもファサーするスタイル(ヌスラト・ガネーシュさんのInstagramより)

 なお、同投票はトルコの大統領権限を強化する憲法改正案をめぐって行われた国民投票で、即日開票による暫定的な結果によると改憲案への賛成がわずかに上回って過半数を占めたことが報道されています。





(宮原れい)

関連キーワード

トルコ | 法改正 | 国民投票 | 速水もこみち


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」