ニュース
» 2017年04月18日 21時40分 公開

爆弾がはじけカウボーイが暴れる 「銀のさら」CMがクレイジー

実況「みんな自らの足で(馬に引きずられながら)銀のさらへ向かっています」

[沓澤真二,ねとらぼ]

 宅配寿司の「銀のさら」と銀座の高級店、野を駆けて100人のモニターが目指すのはどっちの寿司? そんな昭和のバラエティ番組めいたCMが注目を集めています。初オンエアは2007年のことですが、最近Twitterで紹介され再び話題に。お寿司のCMなのに、爆弾がはじけカウボーイが暴れるクレイジーな面白さは、10年経っても色あせていないようです。

動画が取得できませんでした
「お笑いウルトラクイズ」や、「芸能人格付けチェック」の予選会のつもりでご覧ください

カオス 一応念を押しておきますが、宅配寿司のCMです

 富士山麓の平原に集められた、100人のモニターたち。遠方には銀のさらと、架空の高級店「高兵衛」が、寿司を用意して待っています。そして、100人が食べたいのはどちらの寿司か、検証するための競走が開始。合図の花火が鳴るやいなや、全員が高兵衛へ一直線に駆けていきます。ま、ぶっちゃけそうなりますよねー。


銀のさら高兵衛 銀のさらに対するは、銀座の高級店「高兵衛」。おそらく、テレビによく出てくる老舗とは無関係です

スタート スタートするなり、全員が高兵衛へ一直線。順当といえば順当

 しかし突然、アクシデントが頻発。高兵衛を目指す一団は、落とし穴に落とされ、どこからか湧いてきた剣道家に打ちのめされ、やむなく銀のさらへ進路を変えていきます。この地獄のような状況を指して、実況は「高兵衛を目指す人はどんどん減っています。多くの人が銀のさらを食べたいようです」と、明らかな偏向放送を淡々と展開。暴力で無理矢理選ばされてるだけじゃねーか!


落とし穴剣道 落とし穴や剣道家が、高兵衛へ進む者を阻む

ターン モニターの一部は、たまらず銀のさらへ。まあ、本人の意思といえば意思ですが……

 モニターたちを網で捕らえたり鉄球で打ったりと、高兵衛へ進ませまいとする“謎の力”(棒読み)はどんどん過剰になり、進路上を爆破する暴挙にまで及びます。それでも実況は「高兵衛に向かう者はまったくいません」と冷静。芯がブレないところだけはすごいと思います。悪い意味で。


網鉄球 高兵衛ルートへ残った者たちも、捕獲され打ちのめされと散々な目に

爆発 ついには行く手を爆破され、全員が高級寿司を諦めます

 最終的に、銀のさらサイドは出迎えの美女や現金を用意する懐柔策まで実行。捕らわれたモニターたちも、軽トラに積まれたり、馬に引きずられたりなどして運ばれ、100人全員が銀のさらを選んだことにされました。その間も実況のコメントは「味で勝負する銀のさら」「皆自らの意思で、自らの足で銀のさらを目指しています」とそらぞらしい調子。最後まで映像と実況がかみ合わないCMでしたが、結果だけを見れば「寿司といえば銀のさら」で満場一致となりました。もう、経緯は見なかったことにしよう……。


ハニートラップ 実況「味で勝負する銀のさら」(映像とは関係なさそうですが、そう言っています)

現金 実況「匠の技で勝負する銀のさら」(本当にそう言っています)

捕縛 実況「自らの足で銀のさらを目指しています」(強引に輸送されているように見えますが、実況はそう言っているので仕方ない)

満場一致 実況「寿司と言えば銀のさら」(結果だけ見るとそういうことになっています)

 銀のさらは2006年以来、毎年こうしたトリッキーなCMを制作。多くの広告祭で受賞を勝ち取っています。過去のCMは公式のギャラリーページにまとめられているので、ぜひご覧ください。「寿司とは? そして広告とは?」と、哲学的な疑問が持ち上がることうけあいです。

2017年の最新作は「結婚」がテーマ。IQの低そうな挙式の妄想をする若いカップルが、寿司のチカラで更生します。どういうことだよ

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」