ニュース
» 2017年04月19日 12時57分 公開

ママ友がいてくれて楽しい、助かった―― ママ同士のゆるい交流描く漫画が世のママさんを勇気づける

怖い話ばかり拡散されがちなこのご時世では、貴重なポジティブエピソード。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Google検索で「ママ友」と入力すると、予測キーワードに「いじめ」「疲れる」「トラブル」といった負の言葉ばかり出るこのご時世。この怖いイメージに異を唱える、円滑でゆるいママ友付き合いを描いた漫画がTwitterで注目を集めています。


 作者はブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」で育児漫画を公開している、漫画家のあね子さん(@aneko_blog)。本人も娘さんが幼稚園に入園する前はネットのうわさを恐れ、ママ友付き合いに不安を抱いていたそうです。しかし今ではママ友たちとホームパーティをする仲に。それも豪華で気疲れしそうなイメージはみじんもない、質素でざっくばらんな交流です。


1P

 化粧もそこそこに、仲間の家へ適当に集まる作者たちママ友グループ。協力して片付けをし、市販のバンズやハムで作ったハンバーガーや冷凍食品など、簡単な食事で会食を楽しみます。子どもたちが遊んでいる間に、談笑しつつ園行事の情報交換などすると、みんなで片付けて解散。面倒ごとがなく楽そう。


2P

 普段もチャットアプリを介し、なくしたプリントをもらったり頂き物を交換したりと、親身なママ友付き合いをしているあね子さん。「ママ友は無理して作らなくてもいいけど、『いてくれて楽しい、助かった』」と感想を述べています。


3P

 もちろん、幼稚園や小学校のクラスには多くの子どもが集まるので、そのママ同士いさかいがまったく起きないわけではありません。ただ、作者自身はトラブルに巻き込まれたことはなく、大多数は平和に過ごしているそうです。


4P

 「最初に話しかけるのは勇気がいるけど、同じ歳の子どもがいるからには何かしら共通の話題はある」「金銭感覚と常識が同じ範囲の相手ならうまく付き合える」と世のママさんたちを勇気づけ、漫画は締めくくられます。「ショッキングな話のほうが拡散されやすいから」と作者が語るように、ネットではネガティブな話ほど悪目立ちしますが、世の中付き合い難い人ばかりではありません。不安なのは誰もが同じと考えて、まず声をかけてみるのが大事なのではないでしょうか。

画像提供:あね子さん(@aneko_blog

(沓澤真二)


関連キーワード

漫画 | 子供 | 小学校 | 幼稚園 | 子育て


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた