ニュース
» 2017年04月19日 19時00分 公開

「通報し、抽選で沖縄旅行に」 ワクワクする不法投棄取り締まり看板が話題 電話したら担当者はワクワクしてなかった

ワクワクする取材。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「不法投棄を見つけ ★すみやかに通報し 抽選で沖縄旅行に行こう!!」――大阪府和泉市の国道で発見されたワクワクする不法投棄取り締まり看板が注目を集めています。

「通報し、抽選で沖縄旅行に」 ワクワクする不法投棄取り締まり看板が話題 電話したら担当者はワクワクしてなかった 最高にワクワクする看板(画像加工は編集部によるもの)

 Twitterユーザーのゴンザレスおじさん(@gonzarez_dh)が、「これほどワクワクする不法投棄取締り看板みたことない」というコメントと共に看板の写真を投稿。この投稿は現在までに3万8000以上のリツイートを集めています。確かに、沖縄旅行と聞いたらワクワクしながら通報してしまいそうです。

 看板に書かれた電話番号の下には、「和泉市父鬼町内会」という表記が。沖縄旅行の抽選を同町内会が行っているということのようです。看板設置の経緯や、これまでの当選人数などについて取材するため、早速看板の番号に電話をかけてみました。すると、受話器の向こうからなぜか困惑気味な声が。「先日から同様のお電話を何件もいただいていますが、看板の件は町内会の会長が担当なんです。ここでは仲介をしているだけで、詳しいお話は分かりません。主人がもう少し詳しく把握しておりますので、後ほど折り返しいたします」。

「通報し、抽選で沖縄旅行に」 ワクワクする不法投棄取り締まり看板が話題 電話したら担当者はワクワクしてなかった ワクワク

 どうやら看板に書かれていた番号は町内会への直通番号ではなく、仲介人への番号だったようです。ツイートが大きな話題となったせいで民家に大量の着信が押し寄せてしまったのであれば、ちょっと気の毒すぎる……。申し訳ない気持ちで連絡を待っていると、間もなく折り返しの電話がかかってきました。

 「もしもし、和泉警察です」――ねとらぼが通報されてしまった!? ワクワクとは程遠い展開に混乱していると、電話口で和泉警察の担当者から看板の説明がありました。なんでも不法投棄を撲滅するため、10年ほど前から町内会と和泉警察署南横山駐在所が連携して行っていたキャンペーンらしく、同駐在所が仲介を行っていたとのこと。看板に書かれていたのも駐在所の番号だったようです。ねとらぼが取材の電話をかけた際はたまたま警察関係者が出払っており、住み込みのご家族の方が電話に出られた様子。抽選の詳細は町内会の会長が知っているものの、会長の連絡先は個人情報に当たるため教えられないとのことでした。


 駐在所への取材では、キャンペーンが現在も行われているものなのか、これまでに当選者はいたのか、どの程度の頻度で通報が来ていたのかなどの情報は教えてもらえませんでした。ねとらぼ編集部では駐在所を通じて会長への取材を申し込んでいますが、現在までに連絡は取れていません。

 駐在所では不法投棄に関する通報があれば対応をしているものの、大量の電話への対応は難しくなっており、可能であれば電話番号をこれ以上Web上で拡散してほしくないようでした。また、看板の表記が町内会直通の番号であるかのように誤解を与える可能性があることから、近々表現を変更する予定があるそうです。

 なお、和泉市にも取材を行いましたが、看板の存在は把握しているものの、やはり町内会が担当しているものなので詳細は分からないとのことでした。

画像提供:ゴンザレスおじさん(@gonzarez_dh)さん

関連キーワード

沖縄 | 旅行 | 警察


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」