ニュース
» 2017年04月20日 14時55分 公開

バンドのラウドネスが入国拒否を理由に全米ツアーキャンセル 

会場側は米メディアに“免除用紙”を提示したが今回は拒否されてしまったと答えています。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 4月19日から全米ツアーを予定していた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」が、初日にシカゴの空港で入国を許可されなかったためそのまま帰国しました。ツアーはすべてキャンセルが決まっています。

ラウドネス 入国 拒否 ラウドネス公式サイト

 バンドのボーカル・二井原実さんは19日にブログで、「アメリカツアーはキャンセルです。3時間シカゴ滞在して帰国です。詳しいことは、オフィシャル発表までしばしお待ちを」と説明。キャンセル理由について特に触れていませんが、「バンドは過去に入国拒否されたことは一度もありません」「二井原個人も入国拒否されたことはありません」と述べています。

 19日に出演する予定だったイリノイ州シカゴのライブハウス「REGGIE’S ROCK BAR」は公式サイトで、「米国政府が外国人入国者に敷いた新たな厳しい政策のため、ラウドネスは米国への入国を拒否され、今朝帰国しました。 米国ツアーのすべてのショーはキャンセルされます」と説明しました。

ラウドネス 入国 拒否 公演キャンセルの理由を説明するライブハウス

 ライブハウスの店長は米紙「シカゴ・トリビューン」の取材に対し、前回アメリカに入国したときは受け入れてもらえた“免除用紙(exemption paper)”を提示したが今回は拒否されてしまったとバンド広報は話している、とコメント。「政策の結果なのか、ラウドネスが(前と同じ感じで大丈夫だろうという)勘に従って飛んでいたのか分からないが、新たな大統領が来てから差異がある」と述べています。

 ラウドネスが前回全米ツアーを行ったのは2015年10月〜11月。その後アメリカでは2016年1月21日に、2015年ビザ免除プログラムを改定すると同時に、テロリスト渡航防止法の施行を開始しています。改定後は、「2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある」または「ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者」に該当する場合、ビザ免除は受けられなくなっています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響