ニュース
» 2017年04月20日 20時55分 公開

リドリー・スコット監督の新作「エイリアン:コヴェナント」がVR化へ VR映像制作部門の設立を発表

リドリー・スコット監督のRSA Filmsに新たな部門「RSA VR」が設立されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 リドリー・スコット監督の映画制作会社RSA Filmsが、新たにVR映像制作のための部門「RSA VR」の設立を発表。さらに最初のプロジェクトとして映画「エイリアン:コヴェナント」をVR化する計画も明らかになりました。


エイリアン:コヴェナント RSA VR リドリー・スコット 映画「エイリアン:コヴェナント」のビジュアルイメージ

 「エイリアン:コヴェナント」は5月19日に全米公開予定のリドリー・スコット監督の最新作。「プロメテウス」の続編で、日本では9月に公開される予定です。

 同部門の責任者は、映画「オデッセイ(原題:The Martian)」のVR化作品「The Martian: VR Experience」を手掛けたジェン・デニス氏が務め、制作には20世紀フォックスの「FoxNext」とテクニカラーの「ムービング・ピクチャー・カンパニー(MPC)」も協力するとのこと。


エイリアン:コヴェナント RSA VR リドリー・スコット 「The Martian: VR Experience」のイメージ

2016年11月に公開された「The Martian: VR Experience」の紹介動画(360 Video)

 RSA Films社長のジュールス・デイリー氏は、同社が以前より数年間もの間VRに深く関わってきたことを強調。専用部門を作ることでブランドとコンテンツ両方の面で取り組めるようになると意義を述べ、またチームにはVRに関して才能のあるメンバーが含まれているとしています。

 また責任者となったジェン・デニス氏は「VR部門を率いることに興奮している」と述べ、VRコンテンツの作成や配布、販売チームの構築などのすべてを楽しんでいることを語っています。



 VR版「エイリアン:コヴェナント」はデイビット・カルラック氏が監督し、エグゼクティブ・プロデューサーとしてリドリー・スコット氏とジェン・デニス氏が参加する形で制作されます。

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン