ニュース
» 2017年04月21日 16時45分 公開

声優・茅野愛衣がお母さんボイスで甘やかしてくれる、バブみの権化のような特設サイトがオープン

しかも自分の名前で呼んでくれるだと……。

[モトタキ,ねとらぼ]

 小説「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」(井中だちま)の2巻発売を記念して、お母さんヒロイン・大好真々子(おおすき ままこ)が、さまざまな甘やかしボイスをささやいてくれる特設サイトがオープンしています。サイトは5月19日までの期間限定公開。

 真々子の声は声優・茅野愛衣さんが担当。サイトでは「マー君」「こうちゃん」「のんちゃん」など50パターンの甘やかしボイスが用意されており、自分に合った名前があれば、本当に自分を愛称で呼んで甘やかしてもらえるという企画です。あなたの名前もきっとある。


ロゴ お母さん(大好真々子)に甘えられるのはマー君だけじゃない!

 例えば「マー君」なら「マー君おはよう、今日もお母さんと一緒に頑張りましょう」と元気づけるセリフ。他にも「こうちゃんつかれてない? お母さんに甘えていいのよ」「のんちゃんもう眠くなっちゃったの? お母さんと一緒に寝ましょうね」と、愛称だけでなく内容もさまざまで充実しています。最上級のご褒美すぎて、こんなの骨の髄までとろけてしまいそう。


動画が取得できませんでした

動画が取得できませんでした

動画が取得できませんでした

表紙2 4月20日発売の新刊の表紙。真々子は制服をどうするつもりなのか?

 コミカライズやフィギュア化企画が発表されている「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」は、第29回ファンタジア大賞の大賞受賞作。母親同伴の異世界冒険コメディを描いた作品です。

 親への反抗期真っ只中の主人公・大好真人(おおすき まさと)と、そんな息子ラブな母・真々子が仲良しになるために異世界に召喚されて冒険します。なお、この母親がチート級に強いのも特徴のひとつ。ヒロインは真々子の他にも、高飛車で役立たずな女子高生賢者のワイズや、健気な12歳の旅商人のポータがいます。


ゲーム画面 ゲームはめちゃくちゃテンポがいい

 本作品は、投票企画によってゲーム化も実現されています。ゲーム版「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」はRPGアツマールで無料プレイが可能。早足でプレイすれば1時間ほどでクリアできます。大好真人のツッコみっぷりが冴えている超テンポの良いバカゲー。ヒロインたちと主人公の出会いも体験できます。

 思春期に一度は感じたことがある母のわずらわしさ。その裏にある息子大好きすぎる愛が、一周まわって社会に疲れた人々の心の癒やしとなる。そんな気持ちが生まれる大好真々子。彼女に名前を呼ばれた人は、その幸運をかみしめましょう。


モトタキ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」