ニュース
» 2017年04月25日 10時00分 公開

盆栽風の鉄道ジオラマが並ぶ「盆ラマ展」がワビとかサビに楽しさをプラス

木々の中を鉄道模型が走る! 4月26日から大宮の高島屋で開催。

[平原健士/LOCOMO&COMO,ITmedia]

 皆さんは、「盆栽」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? 渋い趣味だと思う方が多いのではないでしょうか。

 今回ご紹介するのは、同じ盆栽風の形をしていながらも、植木ではなく「鉄道」がメインの盆栽風の鉄道ジオラマ、その名も「盆ラマ」です。製作しているのは、京都市左京区の鉄道ジオラマ製作工房「鉄道少年舎」の川上哲生さん。丁寧につくられる作品の数々は高い評価を受けており、ジオラマ界の新分野のパイオニアとして注目を集めています。


盆ラマ

 大宮の高島屋で4月26日から開催される「盆ラマ展」では、川上さんの作品が見れるだけではなく、購入することもできます。


盆ラマ

 4月29日と4月30日には、「盆ラマ」の製作体験ワークショップを開催。川上さんに直接教えてもらいながら、ミニサイズの盆ラマを作ることができます(要予約)。

 また、会場には大宮の街をモチーフにした、「ご当地盆ラマ」も登場。川上さんが、大宮の街をイメージして製作したオリジナル盆ラマが展示されます。皆さんも、会場で「盆ラマ」の深い魅力に浸ってみてはいかがでしょうか?

盆ラマ展

日程:2017年4月26日〜5月2日

時間:10時〜19時

会場:大宮高島屋1階正面ホール

入場:無料


(平原健士/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

ご当地 | 趣味 | 鉄道


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む