ニュース
» 2017年04月28日 22時37分 公開

鹿しか集まらない奈良県民向けマストドン 鹿の数が奈良公園の1100頭を超える、TLが鹿せんべい祭に

立ち上げ人もあきらめて名前を「奈良トドン」から「鹿トドン」に変更しました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 マストドンで奈良県民のためのインスタンスを立ち上げたものの、集まるユーザーがみんな鹿になりきって鹿のような発言しかせずカオスなことになっていた「奈良トドン(現:鹿トドン)」(関連記事)。4月28日のお昼ごろユーザー数が1100を超えたのですが、奈良公園にいる鹿の数1100頭に達したということで、タイムラインは鹿たちの祝杯ムードで盛り上がっています。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 鹿せんべいの咀嚼(そしゃく)音で盛り上がるTL。なぜなら……

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 参加している鹿(ユーザー)の数が奈良公園にいる1100頭を超えたから! おめでシカ〜!!

 「奈良トドン」は4月19日に奈良のWeb制作企業「INVOLVE」代表の吉村浩嗣さん(@hirotsugun)が制作。奈良県民で集まって楽しむためのインスタンスだったのですが、1人の「鹿」というユーザーが「誰でもいいから俺と鹿を代わってくれ」「鹿にさえ生まれなけりゃ俺はもっと」など情緒不安定なトゥート(投稿)をし続ける恐ろしい場となっていました。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 すべての元凶である「鹿」。情緒不安定であることに定評がある

 吉村さんがTwitterでこの状況を知らせたところ、奈良トドンには「山鹿」「鹿なるもの」「かろうじて鹿」「人だったヘラジカ」など鹿になりきるユーザーが押し寄せることに。500近い鹿たちが「せんべえうめぇ」「パリパリッ」と鹿めいた発言をし続ける鹿ワールドになり、吉村さんも「完全にこんなはずじゃなかった」と悲鳴をあげていました。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 鹿ワールド誕生

 その後吉村さんは覚悟を決めたのか、24日にはユーザー数を「○○頭」と鹿の単位で数え、奈良公園と同じ1100頭を目指し始めます。さらに26日には奈良活性化につながるとの理由でインスタンス名を「鹿トドン」に変更、日本全国さらには全世界の鹿を受け入れることを宣言しました。「進撃の鹿たちによって奈良県民が壁の内側に追いやられてしまった形であり正直こんなはずじゃなかった」と悔しい(?)思いも口にしています。

 鹿は増え続け、28日にめでたく1100頭を突破。タイムラインにはお祝いの鹿せんべいが振りまかれ、「パリパリパリパリパリ」と鹿が咀嚼(そしゃく)音を発しまくる鹿パーティーと化しました。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 お祝いとして鹿せんべいを食べまくる鹿たち

 吉村さんは鹿たちからは「長」と呼ばれており、いつも普通の人間らしいことを書き込むたびに「長だ、あいさつせねば」「ペコリ」とお辞儀されています。1100頭を突破したことを報告すると「長万歳」「長万歳」「長万歳」と鹿たちから一斉に祝福されました。なんだこの狂ったユートピアは。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 報告する長

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 角で万歳しまくる鹿

 今の心境を吉村さんに取材したところ、次のようにコメント。

 「鹿に占領されてしまった僕のインスタンスは、リアル奈良公園1100頭を突破して今なお鹿達が増えている次第であります。鹿の襲来により鹿トドンに名称を変更いたしましたが、奈良を元気にしたいという思いは変わっておりません」とコメント。「GWに奈良に行くという鹿も現れたりして、すごくうれしいです。鹿トドン内には優しい鹿達が『奈良の魅力ある情報』をたくさん発信してくれているので是非遊びに来て下さい」

 長の鏡だ……!

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 「鹿」はというと……

 ちなみに鹿トドンのきっかけでもある「鹿」は、1100頭突破時に「あー」「おめでとう」「菊川怜」と、相変わらずの情緒不安定ぶりでお祝い。現在も「明日朝起きたら鹿じゃなくなってますように」「鹿をやめたい」「マッコウクジラでもいい」とトゥートし、周囲の鹿からは「原初」という呼び名で敬意を払われるなど孤高の存在感を放っています。鹿トドンの混沌はまだまだ続く。

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 「原初」扱いされる「鹿」。シシ神様かよ

鹿トドン 奈良トドン マストドン 鹿 鹿トドンはまだまだ続く

黒木貴啓


関連キーワード

マストドン | お祝い | 不安 | パーティー | 取材 | 祭り


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる