ニュース
» 2017年05月01日 12時56分 公開

区別できねーよ! QRコードをペアで取る「QR神経衰弱」が答え合わせすらスマホ必須

カードをQRコードリーダーで読み取ることで、異常に難しい百人一首も遊べます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 キュウリ図柄の「かっぱ衰弱」(関連記事)、クトゥルフ神話カードを集める「SAN衰弱」(関連記事)と、トリッキーな神経衰弱ゲームを手がけてきたゲームデザイナーの中村誠さん(@macogame)がまたやってくれました。今度の新作はQRコードを集める「QR衰弱」です。見分けつかねえ。


QR衰弱 うわあ……

 パッケージは10組のQRコードが描かれた、全20枚のカードで構成。ルールは一般的な神経衰弱と同様で、カードを2枚めくり同じ図柄を当てて集めていきます。もっとも、めくったカードが当たりかどうか識別するのもひと苦労。プレイをスムーズに進めるには、QRコードリーダーアプリでの確認が必要となります。「アナログとデジタルの融合!」みたいな売り文句を思いつきましたが、なんか違う気もするので見なかったことにしてください。


QR衰弱QR衰弱 「見ての通り一目瞭然!」……じゃねえよ!

QR衰弱 答え合わせにスマホが必須

 QRコードにどんな情報が記されているのかも気になるところ。実はリーダーで読み取ると、百人一首の短歌が出てきます。10組のペアを分けて、それぞれを読み札と取り札にすれば、かるた遊びも可能。読み手も取り手もスマホを片手に短歌を確認する異様なスタイルとなります。作者は「慣れてくるとQRコードリーダーなしで取れるようになってきます」と説明していますが、本人の視力と記憶力が飛び抜けているだけかもしれません。


QR衰弱QR衰弱 試しにサンプルを読み取ると小野小町の歌が

QR衰弱QR衰弱 実は裏面もQRコードで、読み取ると説明書が出てきます(試したい人はクリックで拡大を)

 5月14日に東京ビッグサイトで開催される、「ゲームマーケット2017春」にて無料配布される予定。前回「SAN衰弱」を配布した際は長蛇の列ができたそうですが、今回は混乱がないよう配慮するとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた