ニュース
» 2017年05月01日 12時56分 公開

区別できねーよ! QRコードをペアで取る「QR神経衰弱」が答え合わせすらスマホ必須

カードをQRコードリーダーで読み取ることで、異常に難しい百人一首も遊べます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 キュウリ図柄の「かっぱ衰弱」(関連記事)、クトゥルフ神話カードを集める「SAN衰弱」(関連記事)と、トリッキーな神経衰弱ゲームを手がけてきたゲームデザイナーの中村誠さん(@macogame)がまたやってくれました。今度の新作はQRコードを集める「QR衰弱」です。見分けつかねえ。


QR衰弱 うわあ……

 パッケージは10組のQRコードが描かれた、全20枚のカードで構成。ルールは一般的な神経衰弱と同様で、カードを2枚めくり同じ図柄を当てて集めていきます。もっとも、めくったカードが当たりかどうか識別するのもひと苦労。プレイをスムーズに進めるには、QRコードリーダーアプリでの確認が必要となります。「アナログとデジタルの融合!」みたいな売り文句を思いつきましたが、なんか違う気もするので見なかったことにしてください。


QR衰弱QR衰弱 「見ての通り一目瞭然!」……じゃねえよ!

QR衰弱 答え合わせにスマホが必須

 QRコードにどんな情報が記されているのかも気になるところ。実はリーダーで読み取ると、百人一首の短歌が出てきます。10組のペアを分けて、それぞれを読み札と取り札にすれば、かるた遊びも可能。読み手も取り手もスマホを片手に短歌を確認する異様なスタイルとなります。作者は「慣れてくるとQRコードリーダーなしで取れるようになってきます」と説明していますが、本人の視力と記憶力が飛び抜けているだけかもしれません。


QR衰弱QR衰弱 試しにサンプルを読み取ると小野小町の歌が

QR衰弱QR衰弱 実は裏面もQRコードで、読み取ると説明書が出てきます(試したい人はクリックで拡大を)

 5月14日に東京ビッグサイトで開催される、「ゲームマーケット2017春」にて無料配布される予定。前回「SAN衰弱」を配布した際は長蛇の列ができたそうですが、今回は混乱がないよう配慮するとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」