ニュース
» 2017年05月01日 16時30分 公開

東日本大震災から6年間休業していた気仙沼市「氷の水族館」が営業再開 担当者「復興に向け、地元に貢献したい」

魚を閉じ込めた透明な氷柱などを展示。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 東日本大震災の影響で休業していた「氷の水族館」(宮城県気仙沼市)が、6年ぶりにリニューアルオープンしました。地元企業・岡本製氷冷凍工場による、氷を使ったアート作品を展示する施設。


氷の水族館 氷の中に魚が!

 氷点下を下回る館内には、魚介類を閉じこめた透明な氷柱、氷の彫刻などが展示。気仙沼産業センターによる運営のもと、岡本製氷が作品の納入を行っていましたが、2011年の東日本大震災で被害を受けてしまい、長期にわたって休業。4月29日から運営元を岡本製氷に移行し、営業再開されました。

氷の水族館 映像を使って氷のアート作品を演出する新しい仕掛けも

 岡本製氷の担当者に話を伺ったところ、気仙沼市は今なお復興の途上にあり、同社の業績も震災以前の水準まで戻っていないとのこと。しかし、新しい取り組みにチャレンジして「地元に貢献したい」という思いから、「氷の水族館」のリニューアルオープンを決定したのだそうです。

 約6年ぶりとなる営業再開に合わせて、展示方法を一新し、プロジェクションマッピング、イルミネーションなどを導入。同社の独自技術で製作した魚介類の氷柱に活用し、固定されて動かない魚の「静と動」を演出しているといいます。

 4月29日のオープン後は休日だったこともあり、客足は好調で「ゴールデンウィークも来場者が集まると思う」と担当者。「一人でも多くの人に見てもらいたい」と、装いを新たに再スタートを切った「氷の水族館」に期待しているようでした。


氷の水族館氷の水族館 現在、展示されている氷の彫刻。左は「WELCOME」という文字、右は仙沼市の観光キャラクター「ホヤぼーや」をデザイン


氷の水族館 宝船をモチーフにした彫刻も

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響