コラム
» 2017年05月03日 11時00分 公開

歯医者のお姉さんがおっぱいを当ててくるのはなぜ?

よしちょっと歯医者行ってくる。

[おしり元気,ねとらぼ]

 「歯医者のお姉さんのおっぱいがずっと頭に当たっていた」こんな話をよく聞きます。しかしなぜ、歯医者のお姉さんはおっぱいを当ててしまうのでしょうか? 歯医者のお姉さんこと、歯科衛生士でライターの私、おしり元気がお答えします。

くるか? 今日はくるか?

 響くドリルの音、薬品のにおい、口の中に手を突っ込まれるという非日常体験……。いくら歳を重ねても、歯医者さんは怖いものです。

 でも、お姉さんのおっぱいが当たってくれれば頑張れる。ああ、今日もおっぱい当たってくれないかなあ……。歯医者さんでそんなことを考えている人、いるんじゃないでしょうか? 皆さんいつからそんな風にエッチになってしまったんですか? かぶと虫と新幹線が大好きだったあの頃を思い出してください。

 歯科衛生士によるおっぱい当ての謎は、「ミラーテクニック」と密接な関係があります。

 歯科衛生士の仕事にもいろいろありますが、まずは患者さんのお口の中の状況をしっかりと把握しなくてはいけません。患者さんの椅子を倒して、上から見下ろす形になり、全ての歯を観察しようとします。口を開ける患者さん。しかし、頬が邪魔で、ほとんど前歯しか見えません。さらに、舌が邪魔で下の歯の裏側も見えにくい。ただ歯を見るだけでしょ? と思いきや、口の中って障害物だらけなんです。

 そこで必要になるのが、ミラーです。金属の棒に丸くて小さな鏡がついたアレ、というと分かりやすいでしょうか。ミラーを使って、頬や舌などの邪魔なものをどかしながら見ていきます。専門用語では、これを「圧排」(あっぱい)といいます。また、どかすだけでは見えない部分を小さなミラーに映して確認する「鏡視」、ミラーにライトの光を集めて明るくする「明視」があります。

 「ミラーテクニック」とは、この3つを合わせたもので、口の中を観察するときには必須の技術です。それがおっぱい当てと何の関係があるの? と思うかもしれません。実は、「ミラーテクニックが下手だとおっぱいを当ててしまう」のです。

おっぱいとミラーテクニックの関係、その鍵は姿勢にアリ

 歯科衛生士学校での実習中、よく先生に「腰が曲がってるよ!」と怒られました。背筋をまっすぐ、肩の力を抜いて、ふとももを床と並行に、というのが歯科衛生士の基本姿勢とされているためです。これは、患者さんのためというよりも、歯科衛生士のためのルールです。1日に何人も患者さんが来ますので、作業中の姿勢が悪いとすぐに腰を悪くしてしまい、歯科衛生士生命が縮んでしまうんです。

 ミラーを使って見えない部分を見るときも、これは変わりません。背筋をまっすぐにしたままでミラーを見るのが正しい姿勢なのです。たったそれだけのことと思いきや、これが意外と難しい! 見えない部分があると、ついのぞき込んで見たくなってしまいます。すると、腰が曲がって、患者さんの前頭部におっぱいが当たってしまうというわけです。これがおっぱいハプニングの全貌です。

気を抜くとつい、のぞき込みたくなってしまうんです……

 原因はこれだけではありません。患者さんの頭の位置設定が上すぎる場合も、おっぱいハプニングが起こりやすくなります。患者さんの頭は、歯科衛生士のみぞおちくらいの高さに合わせるのが適切とされています。これがきちんと設定できていれば、おっぱいは絶対に当たりません。頭の場所は合っているのにプニプニするな〜という場合は、残念ながらおっぱいではなくおなかの肉です。

 歯医者さんに行って、前はおっぱいが当たっていたのに、最近当たらなくなったな〜なんてことがあれば、お姉さんの成長のサイン。いつまでもあなたのお口の健康を守るために、技術を磨いているということです。どうか寂しいなんて言わずに、喜んであげてくださいね! もちろん、心の中でこっそりと、ですよ!

関連キーワード

歯科衛生士 | 歯医者 | 医者 | 患者 | 原因 | 健康


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声