ニュース
» 2017年05月03日 12時15分 公開

「故人名+死因」で検索すると…… Google先生の秘められた機能が話題に

実は結構前からある機能です。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「故人の名前+死因」で検索すると……。Google先生の秘められた機能がTwitterで話題を呼んでいます。


 「織田信長 死因」とキーワード検索をすると、即座に「暗殺」というざっくりとした死因が検索結果上部の強調枠(強調スニペット)内に表示されます。また、枠内には関連する人物3人の死因も表示されます。織田信長なら「豊臣秀吉」「明智光秀」「お市の方」が関連人物に。

 加えて、関連人物の名前をクリックすると、「他の人はこちらも検索」という一覧が表示され上記3人に加えて「真田幸村」「島津豊久」「伊達政宗」……と、さらにたくさんの人物が表示されます。


 注意が必要なのは、表示される死因はGoogleが独自アルゴリズムで自動表示したもので、必ずしも正確な情報ではない点。例えばお市の方の死因は「自害」だったとされていますが、検索結果では「火災」となっており、正確性にはやや難がありそうです。誤った情報を発見した場合は強調スニペットの直下にある「フィードバック」からそっとGoogle先生に教えてあげましょう。

「故人名+死因」で検索すると……Google先生の秘められた機能が話題に「故人名+死因」で検索すると……Google先生の秘められた機能が話題に 間違いをそっと指摘してあげましょう

 また、徳川家康のように死因が諸説あったり、はっきりしない場合などには強調スニペットが表示されないこともあるようです。

「故人名+死因」で検索すると……Google先生の秘められた機能が話題に 「徳川家康 死因」で検索しても強調表示はされません

 実はこちらの機能、数年前から実装されていたもの。それほど知名度は高くありませんが、ネット上ではしばしば話題となってきました。検索結果では詳細な死亡理由までは説明されず、「斬首刑」「戦死」「食道癌」と端的な情報だけが書かれるため、かえって調査欲をかき立てられることも。これをきっかけに、気になった故人の人生について深掘りしてみるのも面白いかもしれませんね。


関連キーワード

Google | 先生


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた