ニュース
» 2017年05月06日 22時00分 公開

「エロマンガ先生」がどんなアニメか知りたければエンディングを見ろ!あのキャラに花束を

こんな中1美少女引きこもりイラストレーター妹、ほっとけないぜ!

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 公式サイトトップより

 現在放映中のアニメ「エロマンガ先生」ってどんなアニメなの? と聞かれたらこう言いたい。

 エンディングを見ろ

 カメラは固定。でっかいTシャツ1枚で、一人の少女が自分のぱんつを洗濯している横でリズムを取る。だんだんテンション上がってきて、飛び跳ねて元気に踊り始める。一人で。「飛ばせないエンディング」としてファンの間で大好評。

 だって、彼女めちゃくちゃ「楽しそう」なんだもの。すごくない? 一人で、何もない洗濯機の前で「楽しい」を見つけて、最大限遊べるんだよ。彼女の頭の中は楽しいことでいっぱいなんだよ。


中1妹は引きこもり

 主人公・和泉正宗は、高校1年生のラノベ作家。挿絵イラストレーターは「エロマンガ先生」。正宗はエロマンガ先生と一緒に仕事できたことを誇りに思っていた。

 正宗の家には、中1の引きこもりの義理の妹・和泉紗霧がいる。正宗は顔を合わせないまま、彼女のために毎日料理を作って部屋の前に置いていた。

 ある日、紗霧がイラストレーターのエロマンガ先生だったことを知る……どんな確率だ!


画像 超絶可憐(かれん)系美少女・エロマンガ先生(公式サイトより)

 原作者・伏見つかさの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の妹ヒロイン・高坂桐乃と、序盤の設定だけ見ると外側は真逆。内面はかなり似ていると思います。

  • 高坂桐乃:成績優秀・運動神経抜群・友達は多い・売れっ子モデル。オタク気質な部分を最初隠していたため、趣味友達は極端に少ない。気が強い。心身を削って必死にがんばって自分を磨いてきたタイプ。妹エロゲーをこよなく愛する。
  • 和泉紗霧:引きこもり・現実社会でのコミュニケーションが極度に苦手・怖がり、とスーパーインナー型。気が弱い。ネット配信では大人気。イラストを描くのが心の底から好きで、自分の絵をよくするためには努力を全く惜しまない。貧乳えっち絵が好き。

 この2人の妹、「楽しい」「好き」に向ける情熱は似ています。エロゲーとか、イラストとか。好きなもののためなら、全力で頑張る。兄の立場として、形は違えども応援したくなる2人です。


どシスコン、正宗兄さん

 兄の正宗は、紗霧のことがかわいくてかわいくて仕方ない。まじで目に入れても痛がらなさそう。リア充委員長・神野めぐみが来た時の、正宗による妹紹介がすごいので引用します。

「まず見た目はむちゃくちゃキレイでかわいい。パット見無表情でおとなしそうで、まさに可憐な乙女って感じなんだが、話してみるとコロコロ表情が変わって、愛嬌があるんだ」


 とてもじゃないけど、好きだとしてもここまで言えない……。ひねくれやイヤミが一切ない。こういう誠実な言葉を紡げるところが、彼の作家性なのかな。


画像 かわいさの塊エロマンガ先生。でも正宗のラブ補正は入ってる気はする(公式サイトより)

 4話「エロマンガ先生」までが、いわば第一部といったところのこの作品。紗霧の出番は、意外とそこまで多くないです。

 彼女のことを守ろうとする正宗、価値感が違う委員長の神野めぐみ、オリコン1位の高飛車金髪美少女ラノベ作家・山田エルフの方が目立つ。

 周囲の人間のやり取りによって、紗霧=エロマンガ先生像が浮き彫りになっていき、兄妹の会話シーンで本心の答え合わせ、という間接的な手法で描かれていきます。


お尻をふりふりエロマンガ先生


画像 楽しそうに絵を描く彼女、資料をがっちり調べて描くこだわりがあります(公式サイトより)

 イラストレーター紗霧=エロマンガ先生は、実際に見て描かないと納得がいかない、というこだわり派。

 1話ではエロ絵を描く時、尻をふりふり突き出しながら、写真を撮っています。4話では銃を描くために実際にモデルガンを構えます。戦闘シーンが苦手だからと、部屋にこもって格闘技の試合動画や武器の資料をネットで調べまくります。苦手だった巨乳も練習しました。

 画力向上の努力は、最初は全部「楽しい」からできた。だから巨乳キャラは今までは描かなかった。でも面と向かって正宗にいろいろ指摘されたことで、悔しい、うまくなりたい、という気持ちが起きる。彼女は「苦手でも頑張る」境地に一歩進みます。

 加えて彼女、現時点ではかなり嫉妬深い。兄さんが取られること+和泉マサムネ先生が別の人と仕事するのをものすごい嫌がります。このへん激情家で、喜怒哀楽の波がすごい。人に伝えるのが苦手なだけ。

 ただし甘えん坊じゃない。わがままじゃない。山田エルフと正宗が仲良くしていた時、彼女は兄に当たるでも、山田エルフを責めるでもなかった。並び立てるよう、自分の画力を成長させました。


画像 自ら動画配信するエロマンガ先生。人と関わりたくないわけじゃないんです(公式サイトより)

 紗霧はOPでも、ネット配信の服装でモンキーダンスをしています。「楽しい」ことの定規は自分で明確にもっているので、人の価値観には左右されない。一人でも楽しいと思ったら、楽しめる。

 だからOPで紗霧と正宗が完全並列で走っているのが、すごくいい。4話ラストでも語られますが、正宗の夢に紗霧がついて行くんじゃなく、2人で楽しいことを見つけた、夢を追いかけるって決めた。こういう「楽しい」の感情が純粋に伝わるから、エロマンガ先生は作家として人気で、みんな彼女と仕事したくなるんだろうな。

 2人の間に恋愛感情があるかないかはモヤーっとしか見せられていません(っていうか正宗くん、君のは恋だよ)。

 ただ、ライバル&友人的な位置の山田エルフがめっちゃいい子なんですよ……紗霧へのラブレターのような正宗の小説を読まされた時の気持ちを考えると、切なくなります。みんな頑張れ、ラノベ道も恋も。

 あと和泉マサムネ先生と山田エルフ先生の新刊サイン入りでください。




たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」