ニュース
» 2017年05月07日 17時00分 公開

その話どこまでホント? Twitterにはびこる奇病「嘘松」とはねっと用語知ったかぶり

ウソをウソとして見抜く技術も必要なのですよ。

[ねとらぼ]

 たまに見かけるネット用語を、勝手に知ったかぶりで解説する「ねっと用語知ったかぶり」。今回は「嘘松」をご紹介します。


画像

嘘松(うそまつ)

 嘘松とは、本当かどうか疑わしい話を「体験談・目撃談」としてSNSに投稿する人のことを指します。「嘘松」と呼ばれるようになったのは、投稿する人がたまたま「おそ松さん」の画像をアイコンに使用していることが多かったからと言われています。

 あまりにもぶっ飛んだエピソードや、実話にしてはできすぎな体験談などを見たら「嘘松」を疑った方がいいかもしれません。例えば“電車内で迷惑な男がいて、まくしたてて注意したら逃げた。乗車していたみんなが拍手した”という有名な話がありますが、これなどはまさに「嘘松っぽいエピソード」の典型と言えます。

 ただ実際のところ、この手の話については「嘘かどうかは分からない」というのが現状です。こういう「できすぎた体験談」が話題になると、必ずと言っていいほど「嘘だと言いたい」「嘘かどうか追及したい」人が現れるのがお約束。嘘松とは“必ずしも嘘とは言い切れないけど嘘っぽい話”と、“嘘かどうか確かめようがないが、嘘だと見抜いて絶対的優位に立ちたい人”の均衡した点の先に浮かび上がるものなのかもしれません。何でもかんでも嘘松認定するのもどうかと思いますが、あまりにもできすぎた話は、本当か嘘かを考えて反応するといいでしょう。


画像 嘘松の検索結果

使い方例

例1:あの話できすぎてるよね。嘘松かね?

例2:嘘松の話さあ、あそこまで盛って話作れるのすげえな。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声