ニュース
» 2017年05月08日 09時02分 公開

リアル「銀河鉄道の夜」!? 宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップが美しすぎる

宮沢賢治が思い描いた理想郷「イーハトーブ」ってきっとこんな感じ。

[佐藤 春華,ねとらぼ]

 童話の世界に迷い込んでしまいそうなイルミネーションが話題を集めています。偏光フィルターを用いたオブジェと美しい自然との融合が幻想的。



 こちらは岩手県花巻市にある宮沢賢治童話村でのライトアップイベント。宮沢賢治童話村はその名の通り、宮沢賢治童話の世界にどっぷり浸かれる施設。「銀河鉄道の夜」に出てくる銀河ステーション(入り口)をくぐり抜けた先に、妖精の小径や天空の広場が見えてきます。場所の名前だけでときめきが止まらない。

 花巻市がゆかりの偉人・宮沢賢治の生誕120年を記念して2016年から始めたものとなっており、7月14日から10月8日の期間、毎週金・土・日の18時から21時まで実施されます。入場無料(「賢治の学校」を除く)。ライトアップ期間中は宮沢賢治童話村「賢治の学校」の開館時間が19時までに延長されるほか、飲食が楽しめる屋台村も出店します。「注文の多い」屋台があっても童話村なら許されそう。


どんぐり 「山猫とどんぐり」がモチーフ


妖精の小径 「妖精の小径」という名前にふさわしい浮き世離れした美しさ


妖精の小径2 森の中を歩くだけで主役級の没入感

 また、8月26日と27日の16時から21時には「イーハトーブフェスティバル2017」が宮沢賢治童話村ステージにて開催。こちらは第一線で活躍するクリエイターやアーティストによる講演、ライブ、朗読、映像上映等で賢治の持つ多面的な魅力を紹介するステージイベント。数々の童話を発表しただけでなく、農学校の教員でもあった宮沢賢治の魅力がどんな形で表現されるか楽しみです。

 夏休みは豊かな自然と幻想的なライトアップを見に行きたいものですね。

(画像:花巻市)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声