ニュース
» 2017年05月10日 15時27分 公開

「マイティ・ソー」最新作の日本タイトルがTwitterで物議 原題“ラグナロク”が“バトルロイヤル”に

神々の戦いのイメージがプロレスっぽくなる、など批判が続出。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 映画「マイティ・ソー」シリーズの最新作「THOR RAGNAROK」(読み:ソー ラグナロク)の邦題が「マイティ・ソー バトルロイヤル」に決定したことが、Twitterで「原作の世界観を崩す改悪例ではないか」と物議を醸しています。5月10日午前には一時、「ラグナロク」「バトルロイヤル」の2語がTwitterのトレンドワードに入る事態となりました。

マイティ・ソー ラグナロク バトルロイヤル 公開された日本版ビジュアル。邦題は「マイティ・ソー バトルロイヤル」に (C)Marvel Studios 2017

マイティ・ソー ラグナロク バトルロイヤル Yahoo!リアルタイム検索でも「ラグナロク」「バトルロイヤル」が上位に

 同作は11月3日に日米同時公開される、マーベル・スタジオの最新作。アメコミ「マイティ・ソー」の実写化作品「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」に続くシリーズ第3作目であり、「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」などあらゆるマーベル・コミックス作品を同一の世界観で扱う「マーベル・シネマティック・ユニバース[フェーズ 3]」の第5弾にあたります。

動画が取得できませんでした
日本版公式トレーラー

 アスガルド(神の世界)から追放されて地球で囚われの身になりながらも、ヒーローチーム「アベンジャーズ」の一員として戦ってきたマイティ・ソーが、地球を脱出するためにこの星のチャンピオンとの命がけの戦いに挑むストーリー。敵対するチャンピオンがアベンジャーズの仲間、ハルクであることが分かっており、4月に公開されたアメリカ版予告動画は1日の再生数がる1億3600万回を超えるなど話題となっています。

 5月10日に日本における公開日、日本版ティーザー予告、ビジュアル、そして邦題が発表されたのですが、原題「ラグナロク」が邦題では「バトルロイヤル」に。これが改悪ではないかという批判や、日本で広く観客を集めるのに適した改良だろうという賛同の声など、Twitterでさまざまな反応を引き起こしています。Yahoo!のTwitterの感情分析機能を見る限りでは、否定的:肯定的の割合は5:1と、否定派の方が圧倒的に多いようです。

マイティ・ソー ラグナロク バトルロイヤルマイティ・ソー ラグナロク バトルロイヤル Yahoo!の機能によると、否定的な反応が多いもよう

 ラグナロクとはそもそも北欧神話における“最終戦争”の名称。主神オーディンや巨人族ロキ、狼フェンリルなど各勢力の最高格が闘い、最終的に世界の滅亡を引き起こしてしまう戦争です。英語での原義は、Twilights Of The Gods(神々の黄昏)。

 「マイティ・ソー」はソーがオーディンの息子であったり、宿敵としてロキが登場したりと、北欧神話を下敷きにしている作品です。最新作におけるソーやハルク、ほか宿敵との戦いを「ラグナロク」に例えた原題「THOR RAGNAROK」は、シリーズの世界観にはぴったりのタイトルでした。

 一方でバトルロイヤルとは、複数の人数で戦い最後に残った1人を勝者とする戦い方のこと。一般的にはプロレスの試合形式の1つとして有名です。「マイティ・ソー バトルロイヤル」の宣伝部はプレスリリースで、邦題にバトルロイヤルを使った理由を「本作では、世界を終わりへ導く最強の敵と対峙したソーとソーを取り巻く登場人物たちが、敵味方関係なく、プライドを捨てて共に戦う様が描かれていることから、このタイトルに!」と説明しています。

 Twitterでは原作を知る人たちから、「『ラグナロク』だと神々の聖戦って感じするけど『バトルロイヤル』だと天下一武道会って感じがする」「神々の戦いが一気にプロレスになってしまうんだが」「島で北野武に集められるやつになってるじゃないですか」と、ソーたちの戦いの印象を変えてしまう改悪だと批判が続出。

 一方で、コアな映画ファンよりも“たまに映画館に足を運ぶ”ライト層に観てもらう方が結果的に映画文化の存続につながるという考えから、日本の配給側が洋画を分かりやすいタイトルに改題するのはよくあること。「映画界全体が盛り上がって興収が増えたほうが我々ファンにも色々とメリットは多いです」「日本でもラグナロクって名称は有名だけど『神話の世界の戦争』というところまで知ってる人はというとそこまででもないだろうし」と、理解を示す声もあがっています。

 それを踏まえた上で、「普通にラグナロクを和訳して『マイティ・ソー/神々の黄昏』にすればいいのに」「中途半端なサブタイにするくらいなら『マイティ・ソー /ハルクとソーのアッパレ!銀河大乱闘!』くらい、突き抜けて欲しかった」と、いい落とし所を見つけて欲しかったと残念がる意見も。全体的にネガティブな反応が多く、邦題の付け方の難しさ、同シリーズの人気の高さをあらためて浮き彫りにしています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響