ニュース
» 2017年05月10日 17時05分 公開

「“ハッピーオン”を社内でもよく使ってたので……」 なんでアドレスが“happyon”になるのかHuluに聞いてみた

「ハッピーオン」が世間に浸透していなかったという悲劇。

[イッコウ,ねとらぼ]

 5月17日のリニューアルに伴ってアドレスが「happyon.jp」に変更になる動画配信サービスのHulu。リニューアル後はニュース、スポーツ中継がスマートフォン・タブレットで視聴可能になるほか、検索機能の強化や、通信容量の目安表示機能追加など、さまざまな面でバージョンアップが図られます。

 しかし、サービス名「Hulu」がそのままなのにもかかわらずアドレスが「happyon.jp」になることに関しては「クソださい」「ブックマークの変更やアプリの再インストールがめんどい」などの批判も(関連記事)。中にはアメリカの本家Huluと日本版Huluの関係悪化を疑う声も挙がっていました。

 なぜ、なじみのある「hulu.jp」から「happyon.jp」にアドレスを変えなければいけなかったのか、Huluの広報に話を聞いてみました。



――どうして「happyon」に変更になったのでしょう。

 5月17日に全面リニューアルするのですが、今まではアメリカのシステムを使用していました。今後日本のシステムを使用していくのですが、移行の際に一時的にシステムが止まってしまうことを防ぐため、アドレスを移すことになったんです。ユーザーの不便を無くすためですね。

――「happyon」ではなく「hulu」を残して別アドレスに、という選択肢もあったかと思うのですが?

 もっとHuluを楽しんで欲しい、生活を楽しくして欲しいという意味で、もともとキャッチコピーとして「Happy On」を使っていました。社内でもハッピーオンという言葉をよく使っていたのでこういう形になったのですが、日本ではなじみが無かったようですね……。

――これはいつごろ決まったんですか?

 詳しくは分かりませんが、結構前だと思います。おそらく去年の春ごろには決まっていたんじゃないかと。

――「happyon」へのアドレス変更は誰が最終決定したのでしょうか?

 誰かの鶴の一声で決まったというわけではなく、関係者で話し合って決めています。最初は現場も含めてアイデアを出して、上にあげていったという流れになっていたはずです。

――「ダサイ」という意見もありますが、社内で反対意見はなかったのでしょうか。

 正直、社内的には違和感は無いです。「ダサい」というコメントがあるのも把握していますが、耳なじみのない言葉なので、不評かどうかを現時点で判断するのも早いかなと思っています。今後「Happy on」という言葉が定着するようにしたいですね。Twitterでは「はっぴょんはっぴょん」って言われているみたいですが……そんなに不評ですかね?(笑)

――正直……私が把握している範囲ではあまり好意的な意見はありませんね……。

 まぁ聞きなれない言葉だと思うので、ネガティブに捉えられやすかったかも知れませんね。

――「アメリカの本家Huluとの関係悪化が原因」「独自サービスを立ち上げるのでは」などのウワサもありますが……。

 一切ないです。独自サービスへの移行もありませんし、配信作品への影響もありません。



 キャッチコピーとして使用され、社内でもなじみのある言葉だったという「Happyon」。世間にこの言葉が浸透していなかったことが、今回の悲劇(?)を生んだのかもしれません。

関連キーワード

Hulu | リニューアル | キャッチコピー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」