コラム
» 2017年05月11日 11時00分 公開

スマホってどれだけ進化したの? 2017年に「iPhone 3GS」で生活してみた(3/3 ページ)

[長橋諒,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

本日2つ目の打ち合わせへ

 この日はたまたま仕事の打ち合わせが2件あった日でした。(普段はそんなにないので、自宅作業ばかりです。フリーランスは寂しいのです……)

 と、打ち合わせ先の「新宿」へ向かう際にふと思い立ち、「天気」アプリを開いてみました。これからの天気は……。

うわ出た! 謎の「雷」!!

 この不思議な天気予報は、昔から変わらないですね……。本日の天気は「晴れ」って表示されているのに、なぜか週間天気で見ると「雷」予報。どういう理論でこう表示されるのでしょうか。

 さて、そうこうしているうちに新宿に到着。本日の打ち合わせ2件目は、繁華街の中にある喫茶店で行うことになっています。

 ちなみにここ「珈琲西武」は、新宿駅東南口から歩いて徒歩約3分。老舗の喫茶店でありながら、Wi-Fiは飛んでいるし電源席も豊富だしと、フリーライターからしたら天国のような場所なのです。ご参考までに。

本当は教えたくないけど、こっそり教えます

 2件目の打ち合わせも順調かな? と思いきや、ここで問題発生。スマホの電池が少なくなっていることに気付いてしまったのです。そう、「iPhone 3GS」は現行のiPhoneと比べて、とても電池が減るのが早い……。こりゃあ一大事だ。

あの頃、電池に関してはガラケーの方が圧倒的に強者だった

 と、ここで、打ち合わせ相手のSさんが気を利かせてくれました。

Sさん:「どうされましたか?」

筆者:「あ、iPhoneの電池がなくなりそうで、充電ケーブルを探していたんですよ」

Sさん:「それなら僕、持ってますよ! お貸ししますね!」

 そういわれて貸してくれたのが、これ。

圧倒的コレジャナイ感

 Sさんが貸してくれたケーブルは、もちろん「Lightningケーブル」。今日日「iPhone 3GS」対応のケーブルを持っている人なんて、新宿中を探しても、どこにもいないでしょう。

 不思議そうな顔をしたSさんにおわびをし、20%の電池容量のまま夜まで使うことにいたしました。移動中にソシャゲなどの通信量が多いアプリをやっていれば、もっと早く電池がなくなるのでしょう。がんばれ3GS……。まけるな3GS……。

iPhone 3GS、本日最大の見せ場がやってきました

 時刻は夜20時。筆者はこの日、友人との飲み会の予定が入っていたため、会場がある渋谷へ向かいました。この飲み会で、思いがけないことに筆者の「iPhone 3GS」が大活躍をしたのです。

 気になる様子は、次の写真をご覧ください。

友人たち「え!? なにこれ?」
友人たち「懐かしい!!」

 「iPhone 3GS」、大人気なのです!

 それもそのはず。筆者も今回の記事を執筆するにあたって、7〜8年ぶりにiPhone 3GSに触れたのですが、周りの友人たちもそれは一緒。

 何げなくテーブルの上に置いておいた黒い物体に1人が気付けば、飲み会の席のテーマはこの「iPhone 3GS」に様変わり。筆者の3GSは、この日一番の盛り上がりを作ったのでした。

 と、ここで「これ、自撮り機能もないじゃん!」と友人が重要なことに気付きました。そう。「iPhone 3GS」はインカメラが備わっていないため、「自撮り」をする際には画面を裏返し、雰囲気でシャッターを押さないといけないのです。

ブレてるし、画質が悪い!

 雰囲気で撮ると、こうなってしまいます。というか昔は自撮りって文化がそもそもなかったような気もする……。(あったんでしょうか?)

 一応比較をするために、もう一枚撮りました。友人が持っていた「iPhone 7」で。

全然違う……

 やはり「iPhone 7」は違います。店内の照明などはちょっと写真撮影に不向きな環境でしたが、それでも加工なしで、3GSの方では見えない人物の表情などがはっきりと確認できます。ここ数年で、こんなにカメラは進化していたのですね……。

 ということで、今回は丸1日「iPhone 3GS」を使用してみましたが、一番進化を感じたのは「カメラ」の進化でした。(あくまで筆者個人の感想)

 思い返してみると数年前までは、スマホの「カメラ」の画質がそこまで良くなかったので、デジタルカメラ(一眼レフではない)をカバンの中に入れている人も多く見かけましたが、最近は二台持ちの方は珍しくなってきていると思われます。

 そして、次に感じたのが、各アプリの進化具合。例えばTwitterやInstagramなど、何げなく使っているアプリが、意外に使いやすくなっていたりしているのです。アップデートされたときは「いや〜こんな機能使わないでしょ。邪魔だよ」なんて思っていたものが、いざない状態に戻ると、不便に感じてしまうのです。これからは新機能が搭載されたら、邪険に扱わないようにしなきゃ。

 また、今回ネット環境はWi-Fiを使っていたので気になりませんでしたが、普段使っている4G LTEと昔使っていた3Gの「速さの違い」は、相当なものだったと記憶しています。発売した当時は電波も全然入らなかったし、なにより3Gは遅かった……!(特に動画再生) 電波や通信速度は、ここ数年でかなり改善されたのではないでしょうか。

 ちなみに、音声アシスタント「Siri」は、筆者は普段使っていないためか、なくても不便だと感じませんでした。これもよく使っている人にとっては、ないと不便に感じるのだと思います。

 数々の発見があった、今回の検証。スマホって本当に便利だな、とあらためて思わせてくれるような一日でした。ちなみにこの先10年後くらいに触ったら、一体どう感じるのでしょうか。その際にはぜひまたご報告したいと思います。

飲み会に居合わせたプロカメラマンが3GSで撮った写真。「レトロっぽくて逆にいいかも」とのこと

長橋諒

関連キーワード

iPhone | iPhone 3GS | スマートフォン | 電池 | 進化 | カメラ


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10