ニュース
» 2017年05月11日 18時18分 公開

警視庁「消費期限が近くなった乾パンはカツにするとうまい」 予想外の使い方に感心の声

そのまま1袋食べるのは結構大変。

[コンタケ,ねとらぼ]

 警視庁警備部災害対策課の公式Twitterが投稿した、消費期限の近い乾パンの活用方が「ためになる」と話題です。砕いてカツのパン粉にするというもので、夕飯のおかずなどに使えるとのこと。




乾パン カツ 防災 警視庁乾パン カツ 防災 警視庁 砕いた乾パン(左)と乾パンで作ったカツ(右/画像は警視庁警備部災害対策課の公式Twitterから)

 非常食として重宝される乾パンですが、消費期限が近いものは食べないといけません。しかし、おやつとして1袋食べるには重いし味気ないため、ちょっと気が重くなってしまうことも。そんなときに、今回警視庁警備部災害対策課が紹介した「乾パンひとくちカツ」のレシピが役に立ちそうです。

 同アカウントでは、細かく砕いた粉と粗めの粉を作り2種類のカツを作成。細かく砕いたものは普通のパン粉と変わりなく、荒く砕いたものの方がゴマの風味と食感がよくおいしかったそうです。中1と小3の子どもからも大好評とのこと。

 ちょっとした生活の知恵ですが、普通に乾パンを食べるよりもずっとおいしくいただけそうですね。同アカウントでは、他にもさまざまな防犯系の生活の知恵を投稿しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声