ニュース
» 2017年05月11日 20時25分 公開

リスにキツネにニホンジカ 八ヶ岳で暮らす野生動物の写真展が山梨県・清里のミュージアムで開催

息づかいまで聞こえてきそう。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ニホンリスやヤマネなど八ヶ岳に暮らす野生動物を撮影してきた自然写真家・西村豊さんの個展「八ヶ岳 生きもの ものがたり」が、7月1日〜12月3日に清里フォトアートミュージアム(山梨県北杜市)で開催されます。

八ヶ岳生きものものがたり 八ヶ岳 生きもの ものがたり「青いクルミをくわえたニホンリス」

 展示されるのは未発表作品を含む約200点。ホンドギツネ、ニホンジカ、ニホンリスなどの写真の他、児童向け写真絵本「よつごのこりす」シリーズも見ることができます。

 西村さんは写真家活動と同時にヤマネやタヌキなど八ヶ岳の野生動物の救護と野生復帰活動を行っており、今回の個展では保護した赤ちゃんヤマネを森に返すまでの貴重な記録も展示されます。

八ヶ岳生きものものがたり 「3匹のニホンリスの子ども」
八ヶ岳生きものものがたり 「新芽を食べようと手を伸ばすニホンリス」
八ヶ岳生きものものがたり 「ホンドギツネの子ども」
八ヶ岳生きものものがたり 「サルノコシカケに乗るヤマネ」

 西村さんは京都生まれ。長野県に移住した当時は動物嫌いでしたが、ある満月の夜にキツネの鳴き声を聞いたことで野生動物の神秘に触れて撮影を始めたとのこと。撮影の際は餌付けはせず、野生の「日常」にこだわっているそうです。

風のない日に、耳を澄ませば、リスがクルミをかじる音が聞こえてきます。それは、生きものからのすてきな「おくりもの」 ― 西村 豊

八ヶ岳生きものものがたり 「落ち葉の中で見つけたクルミ」

 会期中は西村さんによるトークや入館無料デー、ヤマネポストカードのプレゼントなどの関連イベントが予定されています。館内にはリスの歯形のついたクルミや松ぼっくりが展示され、子どもが遊べるコーナーも用意されるそうなので、ファミリーで訪れても楽しめそうです。

八ヶ岳生きものものがたり 「干し柿・岩波農園」
八ヶ岳生きものものがたり 「数珠のように干された渋柿」
八ヶ岳生きものものがたり 「ニホンジカ 雄の集団」
八ヶ岳生きものものがたり 「ごたっ子の田んぼ」より《足でしろかき》
八ヶ岳生きものものがたり 「ごたっ子の田んぼ」より《刈り取った稲をかつぐ》
八ヶ岳生きものものがたり 「ごたっ子の田んぼ」より《田んぼリンクでスケート》

西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

会期:7月1日〜12月3日

会場:清里フォトアートミュージアム

休館日:毎週火曜日、7・8月は無休

開館時間:10時〜18時(入館は17時30分まで)

入館料:一般800円、学生600円、中・高生400円、小学生以下無料(団体割引・家族割引あり、友の会会員無料)


(C)Yutaka Nishimura

関連キーワード

動物 | 写真 | 芸術 | 子供 | 撮影 | イベント | 京都 | 写真展


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声