ニュース
» 2017年05月12日 19時05分 公開

気圧予報アプリ「頭痛ーる」マスコットの過去が気圧より重い ふくろう博士「予報のせいで母親を死なせた」

重い……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 気圧予報アプリ「頭痛ーる」のマスコットキャラ「ふくろう博士(ヒロシ)」の過去が気圧に負けない重さだと話題になっています。

気圧予報アプリ「頭痛ーる」マスコットの過去が気圧より重い ふくろう博士「予報のせいで母親を死なせた」 「ふくろう博士(ヒロシ)」本名:不苦労 博士(ふくろう ひろし)

 「頭痛ーる」は頭痛の原因の一つともいわれる気圧の変化を地域ごとに細かく予報し、頭痛を警戒すべきタイミングを教えてくれる便利なアプリ。アプリを開くとかわいいマスコットの「博士」と、猫の「マロ」が出迎えてくれます。普段は「こんばんは」「お空はどうしていつも変わるのかニャー」といった何気ないひとことを発するだけですが、彼らには意外な過去が秘められていました。

気圧予報アプリ「頭痛ーる」マスコットの過去が気圧より重い ふくろう博士「予報のせいで母親を死なせた」 博士に拾われたという「マロ」

気圧予報アプリ「頭痛ーる」マスコットの過去が気圧より重い ふくろう博士「予報のせいで母親を死なせた」 気圧の変化をグラフで教えてくれます

 アプリに収録されている「博士とマロ 〜キャラクター紹介〜」によると、「マロ」は「博士」の養子で、“ある寒い雨の日にひとりで泣いているところを保護された”そうです。そして、紹介ページを下までスクロールすると、2人のさらなる過去も明らかに。なんとマロの母親は大荒れの天気の中、幼き日のマロを残して亡くなっていたのです。おまけに親子で出かけたのは“行楽日和”と天気予報が出ていたため。博士はこのことをいまだに気に病んでおり、自分の予報のせいで母親を死なせてしまったのではないかと悩み続けていました。

気圧予報アプリ「頭痛ーる」マスコットの過去が気圧より重い ふくろう博士「予報のせいで母親を死なせた」 まさかのストーリー

 紹介ページでは、「無邪気なマロはいつも空ばかり見ている。 『お空はどうしていろいろ変わるのかニャー。』 『博士(ヒロシ)みたいに空にもっと詳しくなりたいニャ。』 雨の日の記憶が有るのか無いのかマロはこうつぶやいた。 『明日は晴れるといいニャ。』」という文で締めくくられています。マロ……。


 実は母猫はもともと病弱で、いつ死んでもおかしくない状態だったそうです。死別したのも最後の思い出にと出かけたピクニック中でのこと。当日急変した天気はあまり関係がなかったようなので、本当なら博士もそこまで思いつめる必要はないのですが……。果たして2人が曇りない気持ちで、共に空を見上げられる日はくるのでしょうか。今日も「頭痛−る」は気圧予報を届けます。


関連キーワード

頭痛 | フクロウ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声