ニュース
» 2017年05月20日 11時30分 公開

飼い猫が逃げたことが開発のきっかけ 猫をアプリで探すサービス「ねこもに」開発者に話を聞いた

6月にスタートする、アプリを使った猫捜索サービス「ねこもに」。開発のきっかけや魅力を聞いてみた。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 スマホアプリで迷い猫を探す「ねこさがしIoTサービス『ねこもに』」を、システム開発会社オープンストリームが6月19日に開始します。

ねこもに ねこもに

 猫に装着させた「ねこもに発信器」から発された電波を、iPhoneにインストールした「ねこもに専用アプリ」で受信。猫のいる場所をアプリの地図上に推定表示してねこを探します。具体的にどのようなサービスなのか、開発担当者に聞きました。

―― 開発のきっかけを教えてください。

オープンストリーム サービス発案者・リーダーが猫を飼育しておりまして、その猫が夏場に突然網戸を突き破って逃げたことがありました。そのときの不安な思いを解消したいという気持ちが、サービス発案のきっかけです。家族同様の猫が迷子になってしまい、クルマにひかれてしまったり、保健所に保護されて殺処分にされたり、長い間発見されずお腹がすいてひもじい思いをさせたら……となると、もう仕事も手につきません。昨今の猫ブームによって、日本国内での飼い猫数は1000万頭に迫る勢いですが、その一方で迷い猫になり、飼い主の元に戻れない子も多いです。

 また、震災をはじめとした自然災害発生時には、ペット管理が不十分となるため、多くの迷い猫が発生します。この「迷い猫問題」に対し、システムで解決するために「ねこもに」の開発にいたりました。「ねこもに」のサービス機能をご利用いただくことによって、地域コミュニティーのネットワークを活性化し、猫と人との共存関係向上に貢献したいと考えています。

―― 使い方や、「ねこもに」ならではの魅力を教えてください。

オープンストリーム Bluetooth Low Energy(BLE)という無線技術と当社独自の位置推定技術(特許出願中)を組み合わせて「ねこもに」が成り立っています。スマートフォンなどに搭載されているGPSシステムを採用・搭載すると軽量小型化が難しく、また電池寿命も数日ですが、「ねこもに」は1年間のメンテナンスフリーを実現しています。

 既に販売されているBLEを使った製品では、捜索電波の到達距離が20〜30メートルのものもありますが、「ねこもに」の発信機は電波の到達距離で実測値75メートルを実現しました。より広い範囲を捜索可能で、さらに「ねこもに」独自の推定技術によってBLEの到達電波がどこから発されているのか推測し、他製品より早く猫を発見することに貢献できると考えています。

ねこもに 使い方 ねこもにの使い方

―― 猫虐待の事件も報道されていますが、「ねこもに」で猫を見つけて虐待をするなど、悪用につながる可能性はないのでしょうか?

オープンストリーム ねこもに発信機と猫の関係性は、公開されておらず飼い主にしか分かりません。また、家族や仲間と共同で探す際に、アプリに登録してもらうために使用する「時限(30分)有効の任意識別番号」も飼い主しか発行できないので、悪用される可能性は低いと考えます。

ねこもに 発信器 発信器(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)
ねこもに 発信器ケース 発信器ケース(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)

―― 「ねこもに」のサービス開始は6月19日からですが、既に問い合わせや反響は届いていますか?

オープンストリーム ゴールデンウィーク中、5月3日〜6日に幕張メッセで開催された「Pet博」にブース出展した際、猫飼いの方から直接お話を聞くことができました。そこでは、iPhoneで猫を探せること自体への驚きから、旅行時の活用、犬への利用ニーズなどさまざまなご意見をいただきました。また、Android版のリリースを切望しているという声も多くありました。

ねこもに アプリ表示例 専用アプリの表示例
ねこもに ふれあいメーター 猫と自分の関係を見える化する「ふれあいメーター」機能を専用アプリに搭載

―― 今後、アップデートなどの予定はありますか?

オープンストリーム まだ正式なご案内はいたしかねますが、今後は中期的計画として定期的なアップデートを行い、猫の捜索効率の向上やコミュニティー機能の追加などを検討しております。


 「ねこもに」は現在、Amazon.co.jpで予約販売中です。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン