飼い猫が逃げたことが開発のきっかけ 猫をアプリで探すサービス「ねこもに」開発者に話を聞いた

6月にスタートする、アプリを使った猫捜索サービス「ねこもに」。開発のきっかけや魅力を聞いてみた。

» 2017年05月20日 11時30分 公開
[姫野ケイねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 スマホアプリで迷い猫を探す「ねこさがしIoTサービス『ねこもに』」を、システム開発会社オープンストリームが6月19日に開始します。

ねこもに ねこもに

 猫に装着させた「ねこもに発信器」から発された電波を、iPhoneにインストールした「ねこもに専用アプリ」で受信。猫のいる場所をアプリの地図上に推定表示してねこを探します。具体的にどのようなサービスなのか、開発担当者に聞きました。

―― 開発のきっかけを教えてください。

オープンストリーム サービス発案者・リーダーが猫を飼育しておりまして、その猫が夏場に突然網戸を突き破って逃げたことがありました。そのときの不安な思いを解消したいという気持ちが、サービス発案のきっかけです。家族同様の猫が迷子になってしまい、クルマにひかれてしまったり、保健所に保護されて殺処分にされたり、長い間発見されずお腹がすいてひもじい思いをさせたら……となると、もう仕事も手につきません。昨今の猫ブームによって、日本国内での飼い猫数は1000万頭に迫る勢いですが、その一方で迷い猫になり、飼い主の元に戻れない子も多いです。

 また、震災をはじめとした自然災害発生時には、ペット管理が不十分となるため、多くの迷い猫が発生します。この「迷い猫問題」に対し、システムで解決するために「ねこもに」の開発にいたりました。「ねこもに」のサービス機能をご利用いただくことによって、地域コミュニティーのネットワークを活性化し、猫と人との共存関係向上に貢献したいと考えています。

―― 使い方や、「ねこもに」ならではの魅力を教えてください。

オープンストリーム Bluetooth Low Energy(BLE)という無線技術と当社独自の位置推定技術(特許出願中)を組み合わせて「ねこもに」が成り立っています。スマートフォンなどに搭載されているGPSシステムを採用・搭載すると軽量小型化が難しく、また電池寿命も数日ですが、「ねこもに」は1年間のメンテナンスフリーを実現しています。

 既に販売されているBLEを使った製品では、捜索電波の到達距離が20〜30メートルのものもありますが、「ねこもに」の発信機は電波の到達距離で実測値75メートルを実現しました。より広い範囲を捜索可能で、さらに「ねこもに」独自の推定技術によってBLEの到達電波がどこから発されているのか推測し、他製品より早く猫を発見することに貢献できると考えています。

ねこもに 使い方 ねこもにの使い方

―― 猫虐待の事件も報道されていますが、「ねこもに」で猫を見つけて虐待をするなど、悪用につながる可能性はないのでしょうか?

オープンストリーム ねこもに発信機と猫の関係性は、公開されておらず飼い主にしか分かりません。また、家族や仲間と共同で探す際に、アプリに登録してもらうために使用する「時限(30分)有効の任意識別番号」も飼い主しか発行できないので、悪用される可能性は低いと考えます。

ねこもに 発信器 発信器(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)
ねこもに 発信器ケース 発信器ケース(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)

―― 「ねこもに」のサービス開始は6月19日からですが、既に問い合わせや反響は届いていますか?

オープンストリーム ゴールデンウィーク中、5月3日〜6日に幕張メッセで開催された「Pet博」にブース出展した際、猫飼いの方から直接お話を聞くことができました。そこでは、iPhoneで猫を探せること自体への驚きから、旅行時の活用、犬への利用ニーズなどさまざまなご意見をいただきました。また、Android版のリリースを切望しているという声も多くありました。

ねこもに アプリ表示例 専用アプリの表示例
ねこもに ふれあいメーター 猫と自分の関係を見える化する「ふれあいメーター」機能を専用アプリに搭載

―― 今後、アップデートなどの予定はありますか?

オープンストリーム まだ正式なご案内はいたしかねますが、今後は中期的計画として定期的なアップデートを行い、猫の捜索効率の向上やコミュニティー機能の追加などを検討しております。


 「ねこもに」は現在、Amazon.co.jpで予約販売中です。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」