ニュース
» 2017年05月17日 20時02分 公開

【緊急】「ど根性ガエルの娘」18話がヤバイ 作者がアレしてたり、出版事情のアレが見えて……

15話はネット中が騒然となりましたが、実はその後もかなりヤバかった。

[たまごまご,アオシマ書店]
アオシマ書店


 先日公開されたばかりの『ど根性ガエルの娘』最新話、18話がやばい。見たほうがはやいので、先に読んでください。




 『ど根性ガエル』の作者・吉沢やすみの娘、大月悠祐子が描く、自分たちの家族崩壊の話。1巻は「つらい過去があったけど、家族は再生してきたよね」的な空気で描かれていた(これはこれで面白い)。ところが15話で「という理想を、父がへそを曲げないように、編集さんが喜ぶように描いていた」と暴露。公開された時、ヤングアニマルDensiのサイトが落ちるくらいの騒ぎになった。「エッセイマンガ」としての今までの事実を、ひっくり返してしまったのだ。

 その時の様子はこちら。

 16話、17話もやばかった。特に17話では、父・吉沢やすみが2016年7月に脳卒中で倒れていたこと(15話で初公開の話)、その頃週5で麻雀を打っていたシフト表まで描かれている。ギャンブル中毒で家庭を崩壊させた父親は、なんにも治ってなんかいなかった。

 18話で、2つの初出しの話題がぶちこまれる。2013年2月16日。大月悠祐子の飛び降り自殺未遂。『ど根性ガエルの娘』2話では、父の吉沢やすみが自殺をうっすら考えビルに登った後、怖くなって降りたシーンがある。それを描いたのは、彼女が自殺未遂をした後だ。

 もう1つ、2015年11月、アスキーで連載していた時の話。一巻が出た後も連載していたのに二巻が出ない、という妙な状態がしばらく続いていた。その理由と、ヤングアニマルDensiに移った時の事実を、全部18話で暴露。ファンは「どうりで」とTwitterで反応。「僕は……ッ『ど根性ガエルの娘』を……ッ、売りたかったです……!」と泣きながら電話してくる編集に対しての、作者の白けた顔が怖い。アスキーの人に怒られるんじゃないの、と余計な心配をしてしまうが、ここまできたら怒られても作者はやめないだろう。

 このマンガ、時系列がめちゃくちゃにシャッフルされている。どういう順番なのか全然分からない部分も多い。そもそも整理整頓して、エンタテイメント性を持たせる作品じゃないのだ。リアルタイムの出来事、幼いころの話、引きこもり時代の話、狂ってしまった母とのぶつかりあい、大人になってからの諍(いさか)い。順に並べる余裕なんて無い、と言わんばかりにぶちまける。これは作者の、現在進行系の戦いの記録だ。ぜひともリアルタイムで話を追ってみてほしい。

 話題になった15話は、6月29日発売の3巻に収録される。


関連記事


関連キーワード

漫画 | 家族 | 家庭


©アオシマ書店

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」