ニュース
» 2017年05月17日 20時02分 公開

【緊急】「ど根性ガエルの娘」18話がヤバイ 作者がアレしてたり、出版事情のアレが見えて……

15話はネット中が騒然となりましたが、実はその後もかなりヤバかった。

[たまごまご,アオシマ書店]
アオシマ書店


 先日公開されたばかりの『ど根性ガエルの娘』最新話、18話がやばい。見たほうがはやいので、先に読んでください。




 『ど根性ガエル』の作者・吉沢やすみの娘、大月悠祐子が描く、自分たちの家族崩壊の話。1巻は「つらい過去があったけど、家族は再生してきたよね」的な空気で描かれていた(これはこれで面白い)。ところが15話で「という理想を、父がへそを曲げないように、編集さんが喜ぶように描いていた」と暴露。公開された時、ヤングアニマルDensiのサイトが落ちるくらいの騒ぎになった。「エッセイマンガ」としての今までの事実を、ひっくり返してしまったのだ。

 その時の様子はこちら。

 16話、17話もやばかった。特に17話では、父・吉沢やすみが2016年7月に脳卒中で倒れていたこと(15話で初公開の話)、その頃週5で麻雀を打っていたシフト表まで描かれている。ギャンブル中毒で家庭を崩壊させた父親は、なんにも治ってなんかいなかった。

 18話で、2つの初出しの話題がぶちこまれる。2013年2月16日。大月悠祐子の飛び降り自殺未遂。『ど根性ガエルの娘』2話では、父の吉沢やすみが自殺をうっすら考えビルに登った後、怖くなって降りたシーンがある。それを描いたのは、彼女が自殺未遂をした後だ。

 もう1つ、2015年11月、アスキーで連載していた時の話。一巻が出た後も連載していたのに二巻が出ない、という妙な状態がしばらく続いていた。その理由と、ヤングアニマルDensiに移った時の事実を、全部18話で暴露。ファンは「どうりで」とTwitterで反応。「僕は……ッ『ど根性ガエルの娘』を……ッ、売りたかったです……!」と泣きながら電話してくる編集に対しての、作者の白けた顔が怖い。アスキーの人に怒られるんじゃないの、と余計な心配をしてしまうが、ここまできたら怒られても作者はやめないだろう。

 このマンガ、時系列がめちゃくちゃにシャッフルされている。どういう順番なのか全然分からない部分も多い。そもそも整理整頓して、エンタテイメント性を持たせる作品じゃないのだ。リアルタイムの出来事、幼いころの話、引きこもり時代の話、狂ってしまった母とのぶつかりあい、大人になってからの諍(いさか)い。順に並べる余裕なんて無い、と言わんばかりにぶちまける。これは作者の、現在進行系の戦いの記録だ。ぜひともリアルタイムで話を追ってみてほしい。

 話題になった15話は、6月29日発売の3巻に収録される。


関連記事


関連キーワード

漫画 | 家族 | 家庭


©アオシマ書店

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン