ニュース
» 2017年05月18日 20時39分 公開

コイキングの時代まもなく到来か? 育成ポケモンゲーム「はねろ!コイキング」がイタリアで配信スタート

2017年春に公開されることが発表されていました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ポケモンの「コイキング」が主役のゲームアプリ「はねろ!コイキング」が、イタリアのApp Storeで配信開始されています。コイキングかわいいよコイキング。


はねろ! コイキング ポケモン スマホ ゲーム アプリ 「ボロのつりざお」ください

 公式サイトで2017年2月に号外スクープが出され、配信が発表された同ゲーム(関連記事)。その時点ではどんな内容か詳細は不明でしたが、アプリの説明によるとシンプルな「育成ゲーム」となっています。

 サンドバッグに得意の攻撃「はねる」を当てるトレーニングや、エサとなるご飯を与えて早く成長させるなど、トレーナーとなってコイキングを育てるのがメインのようです。ピカチュウやポッチャマなど、他のポケモンたちが手伝ってくれることも。


はねろ! コイキング ポケモン スマホ ゲーム アプリはねろ! コイキング ポケモン スマホ ゲーム アプリ 陸でピチピチはねて鍛える姿(左)と、他のポケモンたちに応援(?)されるコイキング(右)

 コイキングは、黒色やピンク色に水玉など、カラーと模様が違うレアな種類が登場しゲットできます。また集めたコイキングたちで夢の(?)水族館が作れる水槽機能も。

 ちなみにアプリの説明によるとトレーニングで鍛えて「はねる」ことで、食物連鎖的に天敵のとりポケモン「ピジョン」にキャッチされるほど高く跳べるようになるかもとのこと。パワーアップしたことで捕らえられる悲しみ……。

 現在のところ日本では未配信ですが、すでにイタリア版でリリースされ高評価を集めていることから、日本でもまもなくプレイできそうです。


はねろ! コイキング ポケモン スマホ ゲーム アプリはねろ! コイキング ポケモン スマホ ゲーム アプリ 金色どころじゃない種類が登場!(左)/どこまではねるのかコイキング……(右)

画像は「はねろ!コイキング」イタリア版App Storeより

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」