ニュース
» 2017年05月19日 18時30分 公開

「駐禁報告書」などを称するスパムメールが拡散 銀行やクレカの情報を狙うマルウェアとしてトレンドマイクロが注意喚起

同様のスパムは5月14日から確認され、16〜17日に急増しています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 主に「駐禁報告書」の件名で拡散されているスパムメールについて、トレンドマイクロが公式ブログで報告。ネット銀行やクレジットカードのアカウント情報を狙うマルウェアスパムとみて、注意喚起しています。


スパム 筆者のアドレスに届いた件名「駐禁報告書」のスパムメール。このようなメールが来た場合、決して添付ファイルを開いてはいけません

 同社は5月14日から18日15時までの約5日間で、43万3000件のスパムを確認。旅行会社をかたるものや郵便局の配達状況を称するものなど、さまざまなバリエーションがありますが、いずれも同じ不正URLへ誘導するものだそうです。


件名 同じ意図のスパムが、毎日件名を変えつつ送信されている

 スパムの件名は「駐禁報告書」が全体の約50%と最多。5月16〜17日に急増しており、なかでも早朝5〜6時の拡散量が多いとのこと。ネット利用者の出勤前を狙うところに、なんらかの意図があると同社はみています。


件名分布 スパム件名の割合。ほぼ半分が「駐禁報告書」

拡散量 1時間ごとのスパム拡散量を見ると、16〜17日の早朝が突出。出勤前のメールチェックのタイミングを狙っている?

 同社によると、スパムに仕込まれているのは不正プログラム「URSNIF」。従来はインターネットバンキングのアカウント情報を狙うツールでしたが、現在はクレジットカード利用者向けオンラインサービスのアカウント情報を盗み取る機能が追加されているとのことです。


標的 今回のURSNIFが標的としているサービス。主に地方銀行とクレジットカードが狙われている

 筆者のアドレスに来ていた当該メールには、拡張子が「.doc」(偽装されている可能性あり)のファイルが添付されていました。一部のメーラーではスパムフィルターをかいくぐって受信トレイに届いていたので、むやみに開かないよう注意が必要です。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響