ニュース
» 2017年05月25日 10時51分 公開

トム・クルーズ、トップガン続編は「本当だよ」 アイスマンも「準備OK」で2018年撮影スタート

UAV操るオペレーターとかだったらあたしゃ嫌だよ。

[城川まちね,ねとらぼ]

 アメリカ海軍戦闘機パイロットの姿を描き、トム・クルーズの名を一躍スターの座に押し上げた映画「トップガン」(1986年)の続編が制作進行中であることがクルーズによって明言されました。やったぜ!

トップガン続編制作が進んでいると明かすトム・クルーズ にっこりさわやかに肯定


 「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(日本では7月28日公開)のプロモーションでオーストラリアを訪れているクルーズ。5月23日(現地時間)に出演した同国のテレビ番組「Sunrise」でトップガン続編について聞かれ、「それは事実。うん、本当だよ」と白い歯を見せてにっこり。「たぶん来年、撮影が始まる」とし、必ず実現すると続けました。

 番組を見た多くの人がSNS上で「ありがとうしか言えない! 今日は楽しく仕事に行けるよ。もう100回以上見た映画なんだ!」と喜んだり、トップガンでクルーズ演じたマーベリックとアンソニー・エドワーズ演じるグースがハイタッチする有名なシーンのGIFを投稿するなど続編への期待が早くも大盛り上がりを見せています。

トップガン30周年記念に当時の写真を投稿するジェリー・ブラッカイマー ほかのキャストのカムバックを気にする声も多い(画像はジェリー・ブラッカイマーのInstagramから)

 トップガン続編のうわさはかねて報道されてきましたが、クルーズがはっきり制作が進行中と明かすのは初。過去、2010年ごろにも同様の報道はありましたが、監督のトニー・スコットが2012年に亡くなり立ち消えになったかと思われていました。

 「フラッシュバック」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、長年に渡りヒットを飛ばし続けるトップガンのプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーは、以前インタビューでトップガン続編について「トム・クルーズがいなければ制作できない」と明言。SNS上では「古い友人のトム・クルーズとトップガン2について話し合ってた」と、肩を組んだ2ショット写真を投稿していたことなどから、クルーズのトップガン2出演が実現するのではとささやかれてきました。

トップガン続編についてトム・クルーズと話し合っていたジェリー・ブラッカイマー どんな話し合いだったのか(画像はジェリー・ブラッカイマーのInstagramから)
トップガン30周年記念に当時の写真を投稿するジェリー・ブラッカイマー 30年以上に渡る友情(画像はジェリー・ブラッカイマーのInstagramから)

 また、作中でマーベリックのライバルであったアイスマン役のヴァル・キルマーは2015年にSNS上で、トップガン2出演のオファーを即決したことを明かしており、5月24日(現地時間)にはTwitter上で「トップガン2のことが公表されたって聞いた。俺は準備OKだ、トム」と熱意を見せています。

 可変翼が美しいF-14 トムキャットのたぎるようなドッグファイトが多くの空戦ファンも引きつけた同作。時代は流れ、UAVのような無人機が現実に活躍するなど、空中戦のあり方も大きく変化した今、どのようなストーリーが描かれるのか注目されます。


関連キーワード

トム・クルーズ | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた