ニュース
» 2017年05月31日 21時00分 公開

殺処分寸前だったピットブルが警察犬に 犬種に対する悪印象から1年半ものあいだ引き取り手が現れず

闘犬用に誕生したことから、危険と思われがちな犬種。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国ワシントン州のタックウィラ警察が、飼い主に捨てられ収容施設に入っていたアメリカン・ピット・ブル・テリア(通称:ピットブル)の「Apollo(アポロ)」を警察犬に採用したことをSNS上に投稿し、海外で話題になっています。

 闘犬向けに改良されて誕生したピットブルは、攻撃性が強く危険なイメージを持たれがちな犬種。そのレッテルのために引き取り手が見つからず、殺処分されそうになっていたそうです。

 「Apollo(アポロ)」が収容施設にいたのは6カ月間。里親探しが行われていたものの、ピットブルという犬種のせいで、自宅で飼育するには「too much energy(元気が良すぎる)」と敬遠されてしまい、引き取り手が見つからなかったそうです。殺処分寸前のところで、施設が警察犬トレーナーに連絡し、その能力をテストしてもらったところ、麻薬探知犬としての素質があることが判明。処分を免れ、警察犬としての第一歩を踏み出すことになりましたが……ここでも犬種に対するイメージが、行く手を阻みます。アポロを採用する組織が現れず、今度は12カ月ものあいだ、待ち続けることになりました。

 昨年夏ごろ、警察犬を探していたタックウィラ警察は、トレーナーから「誰かがチャンスを与え、麻薬探査犬の学校に行けば最も早く卒業できるくらいアポロは優秀。しかし、彼にはそのチャンスが必要なんだ」という話を聞き、訓練を受けさせることを決定。本当にクラス内の他の犬たちよりも早く、訓練を終えてしまったそうです。

 タックウィラ警察いわく、ピットブルの評判が悪いのは「訓練不足や誤解のせい」。凶暴な犬種と思われがちですが、アポロはとても人懐っこい性格をしており、Facebook上には子どもと仲良く遊んでいる様子も投稿されています。収容施設に入れられてから1年半かかりましたが、レッテルではなく中身を見てくれる人間がようやく見つかり、居場所ができたようです。


殺処分寸前から警察犬になったピットブル 殺処分寸前から麻薬探査犬になったアポロ


殺処分寸前から警察犬になったピットブル殺処分寸前から警察犬になったピットブル 闘犬で知られるピットブルとは思えない人懐っこさ

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる