ニュース
» 2017年06月01日 08時30分 公開

食べる宝石の集合体! パリのパティシエが作るルービックキューブ型ケーキが美しすぎる

しかもちゃんと動いちゃうんです。

[城川まちね,ねとらぼ]

 フランスのパティシエ、セドリック・グロレさんが作る立体型パズルのルービックキューブをモチーフにしたケーキ「Rubik's Cake」が芸術的な美しさです。なにこれずっと見ていられる……。

ルービックキューブをモチーフにしたRubik's Cake こんなの運ばれてきたら口が開いちゃう(画像はセドリック・グロレさんのInstagramから)
ルービックキューブをモチーフにしたRubik's Cake もったいなくて食べれらないレベル(画像はセドリック・グロレさんのInstagramから)

 ケーキはルービックキューブと同じように、小さなキューブ状のケーキが連なってできているよう。9つに並べられたミニキューブ状ケーキが3段に重なった立方体となっており、そのカラフルな色合いにうっとり。見た目が鮮やかなだけではなく、それぞれの味も異なっているこのケーキ、レモン、すみれ、パッションフルーツ、チョコレート、ピスタチオ、ココナッツ、マンゴーなど、さまざまなおいしさを一度に楽しめてしまいます。

 さらに9つのミニキューブ状ケーキを並べる黒い台は動かすことも可能。さすがに縦に動かすことはできませんが、それでもつい童心に帰って遊んでしまいそう。美しくおいしく、しかも楽しい、1粒で三度おいしい仕様になっています。

 このケーキが食べられるのはフランス・パリにあるレストラン「ル・ダリ」。5つ星のさらに上に格付けされる“パラスホテル”の称号を持つ「ル・ムーリス」内にあります。予約必須で、持ち帰りは不可。お値段は1つ220ユーロ(約2万7000円)でおよそ3・4人分だそうです。ちょっとお高めですがこのクオリティーなら仕方がありません。

 ホテル内の名物レストラン「ル・ムーリス アラン・デュカス」のシェフパティシエでもあるグロレさんは、2016年のルレ・デセール(フランス発祥の国際的なパティシエ・ショコラティエの協会)による「最優秀パティシエ賞」をはじめ数々の賞を受賞。創造的で美しいデザートを生み出し、親しみやすい人柄でも慕われる彼は31歳の若さでトップパティシエとして活躍し、そのノウハウを伝える活動にも意欲的です。Rubik's Cakeは日に日に改良を重ねられ、味もビジュアルもどんどん進化しており、今後どのように発展していくのかも楽しみのひとつ。日本でも食べられるようにならないかな……。

ルービックキューブをモチーフにしたRubik's Cake セドリック・グロレさん。Rubik's Cakeはどこまで進化するのか(画像はセドリック・グロレさんのInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた