ニュース
» 2017年06月04日 23時21分 公開

【画像36枚】レッドブル・エアレース千葉2017、室屋義秀が優勝! V2達成で年間ランク首位に

画像追加:優勝決定の瞬間、会場からは大歓声と「おめでとう」の声。

[Kikka,ねとらぼ]

 6月4日、レッドブル・エアレース千葉2017の決勝レースが千葉県・海浜幕張公園で行われ、唯一の日本人パイロット室屋義秀選手が優勝しました。昨年の千葉大会では初優勝を飾っており、V2達成となります。


レッドブル・エアレース 優勝を果たした室屋義秀選手

 最高時速370キロ、最大重力加速度10Gの中、世界最高の飛行技術を競うレッドブル・エアレースは“空のF1”とも称される競技。全長4キロのコースに配置された高さ25メートルのエアゲート(障害物)の間を飛行するタイムアタックです。


レッドブル・エアレース レース前の室屋選手

レッドブル・エアレース 室屋選手の愛機はミントグリーンを基調にしたEdge 540 V3

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 赤いタイヤカバーは在住している福島県の会社の協力で実現したという新型。タイム短縮が期待される新形状

レッドブル・エアレース 関係者らと握手する室屋選手

 6月3日に行われた予選では14人中4位での通過と上々のフライトを見せた室屋選手。前戦のサンディエゴ大会では優勝を果たし、本大会前の年間総合ランキングは3位。会場では室屋選手を応援する声が多く聞かれ、優勝への期待も高まっていました。

レッドブル・エアレース エアゲート(空気で膨らませたパイロン)の間を飛行し、タイムを競うエアレース

レッドブル・エアレース さっそうとスタートする室屋選手

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

 千葉のレーストラックは2個のハイGターン(重力が強くかかるターン)と、細長いレイアウトが特徴のスプリントサーキット。スピードが出やすく、千葉の魔物“幕張ターン”と恐れられてきたコースは今年からレイアウトが変更されており、バーチカルターンでは、真っすぐエアゲート(空気で膨らませたパイロン)を通過するか、セットアップターンをしてから通過するという方法を選ばなくてはなりません。

 真っすぐの場合は、通過時にエアゲートが機体とすれすれになるというリスクがあり、万が一接触した場合や規定角度を保てないと減点されますが時短は可能。セットアップターンの場合は、エアゲートとの接触リスクは下げられるものの、タイムの短縮が難しくなるという究極の選択です。


レッドブル・エアレース エアゲートに接触してしまうと、一気にしぼみ復旧作業が必要

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

 室屋選手はミントグリーンを基調にした愛機・Edge 540 V3でさっそうと登場。両手で操縦かんを握るおなじみの“サムライスタイル”で、巧みに機体を操ります。その後風の影響などもあり、多くの選手が減点や失格を受ける中、室屋選手は冷静な飛行で地道に培ってきたテクニックを見せつけ、千葉大会2連覇という偉業を成し遂げました。


レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 優勝が決まった瞬間、会場からは大歓声

 試合後、会見に臨んだ室屋選手は「チーム、家族、スポンサー、オーガナイザーに感謝している」とコメント。9万人のファンが声援を贈ってくれたことに対しては「プレッシャーではあったが、(前向きな)声援だと捉えることができた」と笑顔を見せました。


レッドブル・エアレース 優勝カップを手に、笑顔の室屋選手

レッドブル・エアレース 優勝後は会見に臨んだ

レッドブル・エアレース 傍らに輝くのは優勝カップ

 特に僅差で競り勝ったペトル・コプシュタイン選手とのラウンド・オブ・14では、会場で配られていた室屋選手を応援するための旗が見えていたと話し、「0.007秒の差、旗のおかげで約60センチ前に出られたのかもしれない」と語りました。


レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 2位のペトル・コプシュタイン選手

レッドブル・エアレース 3位のマルティン・ソンカ選手

レッドブル・エアレース 室屋選手(中)と2位のペトル・コプシュタイン選手(左)、3位のマルティン・ソンカ選手(右)

レッドブル・エアレース どの選手もナイスフライトだった

 また今大会での室屋選手の活躍が、SNS上でも話題になっていると編集部が伝えたところ「実はアナログなので、あまりネットのことは分からない」と苦笑い。ネットも含めて「ファンの声が大きいのは感じたし、この3年でどれぐらいファンが育ってくれたのかということを感じました」と答えてくれました。


レッドブル・エアレース 室屋選手本当におめでとうございました!

 今大会でのポイントが加算され、6月4日現在で年間総合ランキングで首位に躍り出た室屋選手。今後の活躍に期待です。

(文・Kikka/撮影・Ryo Tajima

関連キーワード

取材 | レッドブル | 優勝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」