ニュース
» 2017年06月06日 08時30分 公開

本州近海でレアメタルを含む岩石を発見 資源開発の利用にも期待

房総半島から約350キロに位置する海底一帯に広がっているのが確認されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)などの研究グループは、千葉県の房総半島から東南東約350キロに位置する海山(海底)で、レアメタルを含む岩石を確認したと発表しました。さらにそれらは斜面一帯に広がっており、厚く発達していることが分かったとのこと。


本州近海 レアメタル 発見 コバルトリッチクラスト 水深3200m付近の厚さ約13cmのコバルトリッチクラストの写真

 発見されたのは、レアメタル(希少金属)のコバルトを含んだ、岩盤上を覆う酸化物「コバルトリッチクラスト」。1988年にはその存在が報告されていましたが、レアメタルに関しての調査はその後行われておらず、今回無人探査機「かいこうMk-IV」を用いた本格的な調査が行われました。

 調査では、水深1400〜5500メートルの間の地点で合計5回の調査潜航を行い採取したところ、3200mの水深で13センチに達するコバルトリッチクラストが見つかりました。これは他の海域のものと比べても最大級の厚さを誇るものです。


本州近海 レアメタル 発見 コバルトリッチクラスト 各水深におけるコバルトリッチクラストの写真(岩石の黒い部分がコバルトリッチクラスト)

 また同海山で調査した斜面一帯が、同じくすべて5センチを超える比較的厚い「コバルトリッチクラスト」で覆われていたことも判明。

 JAMSTECら研究チームは、これまで調査・研究を続けてきた海山よりはるかに近い本州近海でこれら資源が見つかったことは、成因解明のために有用なフィールドとなるだけではなく、将来「コバルトリッチクラスト」の調査・開発技術の実験海域としての利用も期待できるとしています。


本州近海 レアメタル 発見 コバルトリッチクラスト 今回コバルトリッチクラストが発見された調査海底「拓洋第3海山」、これまでの調査海底「拓洋第5海山」のそれぞれの位置

本州近海 レアメタル 発見 コバルトリッチクラスト 海山調査時の各水深における「コバルトリッチクラスト」の産状

本州近海に位置する拓洋第3海山の水深1500m〜5500mの斜面に厚いコバルトリッチクラストの広がりを確認

(宮原れい)


関連キーワード

調査 | レアメタル | 海洋研究開発機構


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」